「きっかけ」を聞くと会話がひろがる

自己紹介が済み、相手のことをもう少し知りたい、もう少し仲良くなりたいと思うとき、いろいろな質問をするのが効果的ですよね。あまり根掘り葉掘りプライベートなことを聞くのは避けた方が無難です。

でも、例えば日本に滞在している方に、英語で来日のきっかけを聞いてみたり、ビジネスのきっかけが何であったかを尋ねてみたり、友人になったきっかけを教えてもらったり……というのは、相手にも失礼にならない上、その方の人となりがわかるので大変重宝する会話の入り口します。

今回の記事は、そんな「きっかけ」を尋ねる英語表現を取り上げてみました!

来日の「きっかけ」を聞いてみよう!

kaiw

会話がはずむコツ

日本にいらしている海外の方に、旅行であってもビジネスや留学であっても、なぜ日本を選んだのか、ぜひ聞いてみたいところです。そこで使いたいのがBringという動詞。

Bringというと「運ぶ・持って来る」という日本語がイメージされると思いますが、この単語を使うと自然な表現になり、失礼にも当たらず便利です。
初対面の海外の方とお話しする場面を想定して考えてみましょう。

A: Hi, I'm Yuka.  Very nice to meet you.
B: Nice to meet you, too, Yuka.  I'm Richard.
A: Are you travelling or working or......?
B: I've been studying Economics at a university in Tokyo.
A: Sounds fantastic!  Well, what brought you to Japan to study?
B: Well, I......


A: こんにちは。ゆかと言います。初めまして。
B: こちらこそ。リチャードと申します。
A: (日本には)ご旅行ですか、お仕事ですか、それとも……?
B: 東京の大学で経済を学んでいるんです。
A: それはそれは!なぜ日本で学ばれようと思ったのですか?
B: そうですね。わたしは……

なぜ=Whyではない?!

kikkake

きっかけは?

「なぜ」と言えば'Why'がまず頭に浮かぶと思います。しかし、今回はbringを使いました。"Why"を使うことももちろん間違いではないですし、「通じるか通じないか」ということであれば「通じます」ので問題ないのですが、"Why......?"というフレーズは、ともすれば直接的すぎて、詰問しているようになってしまうことがあります。あたかも、警官にWhat's your name?  Where do you live? と問いつめられているイメージになりかねないのです。

その点、今回のようにbringを使って'What brought you to Japan?'と聞くと、 「なにがあなたのことを日本へ運んで来たのですか?」と婉曲的な聞き方になりますので、「なぜ!? なぜ!?」と問いつめる感じが全くなくるのです。

いかがでしたか?
Whyは最低限の用件を聞くのには便利な単語ですが、丁寧に物事を尋ねるときには、ぜひbringをうまく使ってみて下さいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。