お見合いは面接です

いいですか?初対面の方と会う時は全て面接だと思ってください。それはお互いにです!今回のケースは、お見合いが全く面接になっていなかったことが原因です。要するに、お互いが無駄な時間を過ごしたということです。

合コンも友達の紹介も、全部初対面の時は面接です!

合コンも友達の紹介も、全部初対面の時は面接です!

例えば、友人の紹介で異性を紹介してもらったと言うパターン。 いくら友達の紹介だからと言っても初対面の時はお互いがひととなりを見ていますよね?見た目だけではなく本質を少しでも知りたいからこそ、お互いがコミュニケーションをとりますよね?合コンや街コン、婚活パーティーも、まさに“お見合い”。採用面接や大学入試のAO面接と同じ面接です!

結婚相談所に入会したからといって必ず結婚できるなんてことはありません。全国に数千社の結婚相談所があるわけですから、その分ライバルも沢山存在します。本気で結婚を考えているからこそ、1日に3人の方とお見合いをするなんてこともザラです。

『お金を払っているんだから結婚させろ!』と叫ばれても、これはお相手あってのことですから、そう簡単にはいきません。私たちも必死に会員さんたちと向き合い本音で話をしていきます。

お見合いという面接で大切なことは、1時間という限られた時間の中で女性として魅力的であり男性が惚れてくれる要素をどれだけ表現できるか。つまりはここです。
就活で言えば、どれだけ会社とマッチングするのかを考え、自分自身をプレゼンテーションすることと同じです!

男性・女性それぞれが持つセクシャリティーの素晴らしさをしっかりお伝えしています。

男性・女性それぞれが持つセクシャリティーの素晴らしさをしっかりお伝えしています。

恋愛力がなければ男性も惚れてはくれません。 すなわち、お見合いマナーが悪いとなれば次のステップである「交際=恋愛」にさえ進まないということです。

私は結婚相談所を通して、恋愛をお教えしています。今や恋愛は第三者から習う時代なのかもしれません。女性には“オンナ”を、男性には“オトコ”を、それぞれのセクシャリティーが持つ、最高の魅力をお伝えしています。

お見合いという面接で打ち勝つためには、まず会った人には全員からOKをもらえるくらいのパフォーマンスをすること。そうしなければ後で選ぶことさえできません。就活で例えるなら、入社希望候補の会社がいくらあったとしても、どこからも採用がなければ希望を考慮して自分に合った会社へ入社ができませんからね。

そしてお見合い中は相手を思いやること。“知りたい!”と言う気持ちは自分だけではありません。1時間と言う貴重な時間を使ってわざわざ会っているのですから、その“知りたい!”と言う気持ちはお互いが抱いている気持ちです。ですから相手を思いやり、沢山のコミュニケーションをとりましょう。会話が弾めば、ひととなりがわかります。そしてもっともっと知りたいと言う“欲”が生まれます。

この“欲”は、『次も会いたい!』と言う感情を生み出します!まずは自分が初対面の方へどう映っているのか?を自己分析を通し把握し、精一杯の自己表現であなたの魅力を伝えましょう!

ここで話したダメなマナーを知り、そこを逆手にとったあなただけの素晴らしいお見合いマナーを考案すればいいだけです。これはお見合いだけではありません。人付き合いの基本はここにあります。まずはあなた自身の表現力を、この機会に振り返ってみてください。

【関連記事】
実は簡単?アラフォー女性、結婚への道!
結婚できない危険度高!「愛人体質」の真相
コレを捨てたら、結婚できた!婚活に不要な○×3選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。