癒しと食の複合温泉施設「アクアイグニス」とは?

入口受付

アクアイグニス入口


三重県菰野町(こものちょう)にある片岡温泉は、以前から地元の方に親しまれている温泉でしたが、もともとあった片岡温泉を移転して大規模なリニューアルを行い、アクアイグニスが2012年10月に誕生しました。

約49000平米の広大な敷地には、宿泊できる温泉棟だけがただ並んでいるのではありません。なんと!山形県鶴岡市、庄内地方にある地産地消イタリアン、アルケッチャーノで有名な奥田政行シェフの料理や、スイーツ界の巨匠辻口博啓(ひろのぶ)パティシエの石釜を使ったパンや、こだわりのスイーツを楽しむことができるのです。2大シェフの食が楽しめる温泉施設ということで話題を呼び、今や週末はもちろん、平日さえも予約困難となっています。日帰りでも十分楽しむことができますが、施設を存分に楽しみたいので今回は宿泊してきました。

受付やお土産売り場など

エントランス周辺


中に入るととてもスタイリッシュで、まるで美術館とか博物館に来たかのようです。受付やロビーだけではなく、ここでしか買うことができないお土産の数々が、ずらりと並んでいます。

部屋のお菓子

ウェルカムお菓子


お部屋には、ひっそりとお菓子が置いてありましたが、ここでのお菓子はもちろん辻口パティシエの焼き菓子でした。

アッシュのスイーツ

コンフィシュールアッシュのスイーツ


焼き菓子だけではもの足りず……せっかくですから施設内にあるコンフィチュールアッシュへ行き、さまざまなケーキを購入し食べ比べをしてみることに。コンフィチュールアッシュはとにかく大人気のため、夕方にはだいぶ品薄状態です。どれも素晴らしくおいしいのですが、なかでもフランボワーズピスタージュは、フォルムが美しいだけではなくて、ピスタチオも濃厚! 酸味と甘みが絶妙でした。お部屋でスイーツを存分に堪能し、休憩の後は温泉へ。


>>次のページで温泉をご紹介します!