理想の姿勢は、鳩尾(みぞおち)が引き上がるイメージ

鳩胸(はとむね)、鳩尾(みぞおち)となぜかヒトの胸は鳩に例えられます。みぞおちは語源が「水が落ちる」ですから、当て字ということになります。

胸を張るというと、みぞおちを開くというイメージが強いかと思います。そのために、多くの方は肩甲骨を背骨方向に寄せるでしょう。確かに胸は張りますが、背中も反ってしまうので、胸椎の自然な湾曲が減少してしまいます。これではいい姿勢どころか逆に腰への負担が増加してしまいます。また、お腹も伸びてしまい、これも腰への負担を高めます。

先ほどご紹介した、頭頂を持ち上げた感覚にすると、胸は開かずに持ち上がります。「開く」と「持ち上がる」は大きな違いです。

持ち上がる時には、鳩尾が「引き上がる」イメージになります。重力に負けない動きですね。その際肩甲骨は寄せず、胸の前に呼吸が入るような感じになります。また、同時にお腹が引き上がっていると、正しい引き上がりと判断できます。お腹は引き上がると薄くなり引き締まります。ポッコリお腹の改善にも効果的ですね。
 

姿勢と自律神経の関係

肋骨は肺などの臓器含め体の前にあるので、それだけでも重さが前にかかって体を前に倒そうとしています。頭頂を伸ばすと、自然と胸が持ち上がります。これによって肺は楽に広がりやすくなり、自然と胸式呼吸になります。

よく健康のためには腹式呼吸が大事と言われます。しかし、実際は自律神経の影響で、胸式と腹式は循環しています。いい姿勢をとるときには交感神経が優位になり、胸式呼吸になります。リラックスすると副交感神経が優位になり、腹式呼吸になります。

つまり、いい姿勢とは基本的には交感神経の影響があるのですね。だらだらした生活をしていると、いい姿勢にもならないということが分かります。そして生活に張りがあると、いい姿勢になるとも言えます。皆さんの生活はいかがでしょうか?
 

キーポイントは「遠くを見る」こと

以上見てきたように、正しい姿勢は「遠くを見る」がキーポイントです。

都市では、ビルが乱立し仕事はそのビルの中。携帯やPCは目の前……。遠くを見る機会が本当に減っています。ときどき夕日を見たり、星を眺めたりして、本来の姿勢を取り戻しましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項