麦ふみクーツェ

4月10日~19日=世田谷パブリックシアター 4月23~26日=シアターBFRAVA!
『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

【見どころ】
大阪の劇場シアターBRAVA!10周年を記念して、素敵な舞台が企画されました。原作は、とある港町を舞台にユニークな人々が活躍する『麦ふみクーツェ』。いしいしんじさんによるこの傑作小説を、映像、音楽、演劇の融合という形で舞台化します。脚本・演出はウォーリー木下さん、音楽監督はCMへの楽曲提供でも知られるトクマルシューゴさん、主人公の“ねこ”役に渡部豪太さん。尾藤イサオさんや田中利花さんといったミュージカルのベテランも脇を固めます。原作の不思議な風合いがどうステージで表現されるか予想がしにくいだけに、これまでにない、オリジナルな舞台と出会えそうです。“観客参加型”とのことですので、ご自宅に楽器や音の出るものがある方はご持参を!(無い方は手拍子でOK)

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

【観劇ミニ・レポート】
指揮者になるという夢を持つ少年“ねこ”。彼にしか見えない存在“クーツェ”の言葉に導かれながら、彼は様々な人々と関わっていきます。それぞれにいわゆる“障害”や“悲しみ”を抱えている彼らと真っ白な心で交流してゆくうち、“ねこ”は知らず知らず人間的な成長を遂げてゆく…。最後に“ねこ”がたどり着くのは?

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

ウッディな素材を使い、飛び出す絵本のようにファンタスティックに作りこまれたセットに現れる、港町のアマチュア吹奏楽団の人々。1幕では“楽器のできる役者”“芝居心のある演奏家”から成る彼らの生演奏が頻繁に披露され、自然に心が躍ります。客席が明るくなる場面もあり、そこでは持参の“鳴り物”で観客も参加。周囲の席ではいろいろな楽器が見受けられましたが、最もマッチして聞こえたのはカスタネットでした。2幕は「声」がテーマということで、冒頭に郵便局長役、松尾貴史さんの音頭で、客席を「ド・ミ・ソ」3パートに分け、みんなで「あ~」。小学校の音楽の授業のような、童心に返る瞬間が楽しめます。

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

物語の随所で“ねこ”の前に現れるクーツェは、映像で表現。タップを踏む男のシルエットが映り、主人公に示唆を与える、どこか哲学的な台詞が聞こえてきます。このタップが“CG?”と目を疑うほどの超絶技巧で、思わずプログラムで確認すると、日本を代表するタップダンサーの熊谷和徳さん!この“タップを踏む人”というモチーフはラストシーンへの伏線にもなっていて、巧みなキャスティング、演出に唸らされます。

主人公を無心に演じる渡部さん、彼が出会う女の子“みどり色”をやはり透明感を湛えて演じる皆本麻帆さんら、キャストも好演。旅の果てに二人がついに“麦ふみ”を体験するラストは、“つながり”を求める人間の本質の暗示のようでもあり、またシンプルな動作から生まれる“音楽”の原点を見せるシーンでもあり。あたたかく、ほのぼのとした音楽に満ち溢れながら、人間の根源を垣間見せる、深淵なステージです。特に“オーガニック”という言葉に魅力を感じる方なら、きっとたまらないほど愛おしい作品でしょう。

*次頁で『アニー』以降の作品をご紹介します!