「第26回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」に輝いたのは?

【CONTENTS】
Page2:ヒッピーシェイク
Page3:ロマンティックヒッピー
Page4:タイムレス
Page5:ジェンダーレス
第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞 表彰式の模様。(左から)高橋大輔さん、橋本環奈さん、桐谷美玲さん、深田恭子さん、宮沢りえさん、片平なぎささん、伊藤蘭さん、May.Jさん、哀川翔さん。

第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞 表彰式の模様。(左から)高橋大輔さん、橋本環奈さん、桐谷美玲さん、深田恭子さん、宮沢りえさん、片平なぎささん、伊藤蘭さん、May.Jさん、哀川翔さん。

過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」そして、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別(10代・20代・30代・40代・50代・60代以上)と男性部門、特別賞のそれぞれの部門別に選考する「第26回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が、1月22日(木)に都内で行われ、女優の宮沢りえさんや深田恭子さん、桐谷美玲さんらが受賞しました。深田さんは2001年に10代部門で受賞しており、今回で2度目の選出となりました。また、昨年「天使すぎるアイドル」としてブレイクした橋本環奈さんは、15歳という歴代最年少での受賞となりました。

10代部門は、橋本環奈さん(歌手/タレント)、20代部門は桐谷美玲さん(女優)、30代部門は深田恭子さん(女優)、40代部門は宮沢りえさん(女優)、50代部門は片平なぎささん(女優)、60代以上の部門は伊藤蘭さん(歌手)、男性部門は哀川翔さん(俳優)、特別賞 男性部門は高橋大輔さん(プロフィギュアスケーター)、そして女性部門はMay J.さん(歌手)がそれぞれ受賞し、受賞者全員が煌びやかなジュエリーを身に付けて、会場を魅了しました。

スカート部分がフレアになっている、洗練された印象の真っ白な膝丈ドレスで登場した深田さんは、「私は、このジュエリーベストドレッサー賞を10代の頃にも頂いたのですが、その頃とはまた違った気持ちで、この賞を受け止めています。10代の頃は、喜びと不安でいっぱいでした。今は大人の一人の女性として、自分で選んだジュエリーを自分らしく身に付けながら、30代をより一層輝かしいものにしたいと思っております」とコメントしました。

胸元がVの字にカットされたブラックのジャンプスーツに、同じくブラックのヒールを合わせて、モードな雰囲気を醸し出していた宮沢さんは、「私は自分のためにジュエリーをデザインして作ることが好きで、素晴らしい石に出会った時の感動や、その石がどんな大きな山の中から発見されて、どんな人に研磨されて輝いていくのかに、とても興味があります。役者の仕事も同じだなと思います。たくさんの役者さんの中から発見してくれる方がいて、作品を通して研磨されていき、私という人間が輝けるんだなと思います。人との出会いを大切にしていきたいと思います」と笑顔を覗かせました。


次のページでは、大人気セレクトショップ「ESTNATION(エストネーション)」のバイヤーに聞いた! 2015年春夏のトレンドジュエリーをご紹介します。