動詞述語文と形容詞述語文

様々なレベルの学習者と学んでいる中で、動詞述語文、形容詞述語文の基礎がなかなか理解されにくいのだなといつも感じています。作文をする際に最も基礎となる項目です。覚えておきたいポイントは以下の3点のみです。

・動詞述語文の場合は、「是」または「その他の動詞」を用いる。

例:我是日本人。(私は日本人です) 我去上海。(私は上海に行きます)

・形容詞述語文の場合は、「是」を用いずに「很」などの程度副詞(「非常」「太~了」「挺~的」)を用いる。

例:她很漂亮。(彼女は美しい) 这个菜挺好吃的。(この料理はおいしい)

注意点としては「很(とても)」を使っても、形容詞述語文の場合は「とても」というニュアンスは出づらく、形容詞述語文を示す記号になるということです。もし、強調したければ上に挙げたようなその他の程度副詞を使いましょう。

・形容詞述語文で「很」などの程度副詞を用いないと、「比較」のニュアンスが出てしまうので注意が必要。

例:她漂亮,你不漂亮。(彼女は美しいが、あなたは美しくない)

次のページでは、単語や表現についての勉強法を紹介します!