ナチュラル囲み目は、配分が大切!

アイメイクで囲んでいるのにナチュラル!

アイメイクで囲んでいるのにナチュラル!

目を大きく見せよう「囲み目アイメイク」にチャレンジしたところ、派手なメイクになりすぎた経験がある人も多いのではないでしょうか?
「囲み目アイメイク」をナチュラルに見せるためには、アイシャドウの色選びや入れる配分が大切です。今回は、アイラインを使わずにアイシャドウでナチュラルに仕上げる、簡単な囲み目アイメイクをご紹介します。

 


1. アイホールに1色目のアイシャドウをぼかす

1色目をアイホールにぼかす

1色目をアイホールにぼかす

ナチュラルな目元を作るために、広範囲に入れるアイシャドウの色は、肌馴染みの良い明るめの色を選びます。派手になりすぎないようにラメ入りは避け、粒子の細かいパールが入っている程度にとどめましょう。

1色目のアイシャドウ薄いブラウンをチョイス。目のキワからアイホールの広い範囲にぼかします。

アイシャドウをブラシに適量とったら、目のキワから上に向かってワイパーのようにブラシを動かしながら、アイホールにぼかしていきます。

このとき、目のキワが濃く、アイホールの外側にいくに従い薄くなるように、グラデーションをつけます。

 


2. 同じ色を下まぶたにも塗る

まつげの生え際にブラシを置いて外側にはらう

まつげの生え際にブラシを置いて外側にはらう

アイホールに使用した色を、下まぶたにも塗っていきます。同じ色を使用することで、目元全体に統一感が生まれ、下まぶたに入れることによって、錯覚を利用し目を拡張させます。

下まぶたには、目尻から目頭にかけて3分の1程度塗っていきます。塗り方は、アイシャドウを適量とったブラシをまつげの生え際に置き、外側へとブラシをサッと動かす程度で大丈夫です。

次ページでは「2色目のアイシャドウ」を塗っていきましょう。