<DATA>
生ハム

噛めば噛むほど味が出る、スペインで絶対食べたい食品

スペイン人はもとより世界中の多くの人々に愛される生ハム。生ハム=イタリアのプロシュートではありません!濃くがあって味わい深い生ハムの醍醐味を味わえるのはスペインならでは。残念ながら日本への生ハムの持込は禁止されていますが、現地で購入して好きなときに好きなだけ、堪能してみてください。ここでは品揃え、品質ともに抜群で旅行者の方にも行きやすい場所にあるショップをご紹介します。

生ハムに病みつきになったら、是非生ハムミュージアムも訪れてみてください。生ハム博士になれるかも?!

お洒落な生ハムショップ

レセルバ

生ハムがずらり並ぶカウンターで職人が切ってくれる

ガウディのカサ・バトリョやカサ・ミラなどに比較的近くにあるのが「レセルバ・イベリカ」。店舗は小さいもののお洒落なショーウィンドウが目を引く店です。産地など生ハムの酒類については、以前の記事「生ハム通になれる!生ハムミュージアム」で詳しく述べていますが、この店にはハブーゴ産、ギフエロ産、エストレマーダ産の前足のハムと後ろ足のハム、どんぐりではなく飼育用のえさで育った豚の生ハム1種と、計7種類の生ハムがずらりと並びます。価格は1キロ99ユーロ~。コルタドール・デ・ハモンと呼ばれる生ハム切りのプロたちが、目の前で切ってくれます。時間がない方には、真空パックにしたものもありますが、全てその日のうちに切ったもの。

オーナーは先代からボケリア市場内にも生ハム店を所有しているファミリーで、40年以上取引のあるいくつかの生産者を3ヶ月ごとに訪れ、出来次第でその年の取引先を決めるという徹底した品質管理が印象的。

店内のテーブル席でワインとともに生ハムを味わうこともできます。その他チーズなども販売しているので、グルメな食品を購入したい方にもおすすめ。

<DATA>
Reserva Ibérica(レセルバ・イベリカ)
住所:Rambla de Catalunya61 Barcelona
TEL:(34)93 215 5230(34)93 215 5230
営業時間:9:30~21:00(土曜10:00~)
定休日:日曜

地元気分を味わうならここ

サンタマリア

パテやソーセージなどパンに合う食材も豊富

ピカソ美術館やサンタ・マリア・デル・マル教会などがある人気の観光地区ボルン。この辺りで生ハムを購入するなら「ブティファレリア・デ・サンタ・マリア」。ボルン地区の中心スポット、サンタ・マリア・デル・マル教会の隣にあり、いつも地元の人で賑わう食品店です。名物は店内奥で手作りされるブティファラですが、その他豚肉の燻製や生ハムも品揃えが豊富。またチーズやパテなどパンにあう食品もぎっしり並びます。地区全体が観光地なので、意外と庶民的な生活感溢れるお店が少ない中、このお店は特別です。もちろん観光客にも慣れているので、質問しても親切に対応してくれるでしょう。

<DATA>
Butifarreria de Santa Maria(ブティファレリア・デ・サンタ・マリア)
住所:Calle de Santa Maria 4 Barcelona
TEL:(34) 93 319 9123
営業時間:8:30~14:30、17:00~20:30
定休日:日曜

夜10時まで、日曜もオープン

エンリケ

散策のお供にぴったりなスナック生ハム。喉が渇くので水を忘れずに

ここ数年で街の至るところで見かけるようになった生ハム店が、エンリケ・トマス。バルセロナに拠点を置く生ハムの卸会社が母体の店で、観光に便利なスポットに必ずあります。バルセロナ市内だけで10店以上あります。ショップの規模は店によりますが、どの店も赤と黒が基調となっておりスタイリッシュ。いろいろな生産者の生ハムはありませんが、つまみながら散策できるように筒状のパッケージに入れてくれるものも。観光にたっぷり時間をかけても、生ハム店に行く時間がない……ということにならないので、とっても便利なお店です。


<DATA>
■Enrique Tomás(エンリケ・トマス)
住所:C.del Pi 3 Barcelona
TEL:(34)93 412 1453
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。