お風呂に入って血流を良くし、温かな湯気を吸い込むことで花粉症にラクになります

お風呂に入って血流を良くし、温かな湯気を吸い込むことで花粉症にラクになります

2015年のスギ花粉量は昨年に比べて1~5割増しとの予報もあり、花粉症をお持ちの方にとっては頭の痛いところです。

ご存じの通り、花粉症の原因は花粉に対するアレルギー反応です。その対策はアレルギーの原因であるアレルゲン(花粉)との接触をなるべく避けるのが基本です。ただ、接触を避けるといっても外出しないということは不可能ですね。そこで、お風呂を活用して、花粉症の症状を抑える方法を紹介いたします。


花粉症の時期にもお風呂を活用

外出すると、花粉が髪や顔などの露出部分を中心に付着します。花粉症の軽減のためには花粉の除去が一番大切ですので、外出後はすぐに着替えてお風呂に入り、入念に花粉を洗い流すようにしましょう。

花粉症による鼻づまりは、鼻の粘膜の充血によるものです。そこで、お風呂に入って血流を良くし、温かな湯気を吸い込むことで、花粉症による鼻づまりも一時的に解消します。湯気を吸い込むことは気道に適度な湿り気を与え、気管の異物を排出させるための繊毛運動を正常化するのです。

湯気の吸入は日本ではあまりなじみのない治療法ですが、ドイツやフランスなどでは良く行われている温泉療法の一種でもあります。もちろん花粉を洗い流すだけの目的ならシャワーでも構いませんが、体を温めて血流を改善する効果はあまり見込めません。

また、お風呂は鼻づまりだけではなく、他の症状も和らげてくれる可能性があります。昔からの眼科での処置として、蒸しタオルや器具で眼を温める「温罨法(おんあんぽう)」という方法があり、最近の研究でも顔面へのネブライザー(薬品を含んだ湯気をあてる治療法)で花粉症の症状である涙目、眼のかゆみ、顔の乾燥感が改善したという研究報告があります。このような報告を踏まえると、お風呂に入って湯気が顔にあたることで、目や顔の症状が改善するということも考えられます。


花粉症の悪化は疲れやストレスも原因

アレルギーは疲労やストレスで症状が悪化することが報告されています。単純に花粉の量や花粉に接触する時間の長さだけで、花粉症の症状の重さが左右されるわけではありません。私の知っている患者さんでも、疲れてくると花粉症が悪化する、ということを伝えてくれる方がいます。

花粉を洗い流すだけならシャワーでも目的を果たすことが出来ますが、シャワーはお風呂と比べて温熱作用は少なく、浮力作用もないことから、疲労回復効果やストレス軽減効果はあまり期待できません。私たちの研究でも、毎日シャワーだけの人は湯船に浸かっている人と比べてストレスが強いことが分かっています。シャワーだけでなく、湯船にもしっかり浸かって疲労やストレスから解放されれば、花粉症の症状も軽減される可能性があります。


花粉症対策のお風呂の入り方とは

花粉を楽にする入浴法

花粉症対策のお風呂の入り方にはコツがあります。それは42℃以上の熱い湯に浸からないことです。熱い湯に浸かるとヒスタミンというかゆみの原因物質ができてしまい、花粉症が悪化する可能性があります。38~40℃のぬるめの湯に15分を目安に入浴しましょう。もちろんバスタオルや衣類なども花粉の時期は屋外で干さないことが大切です。

花粉症の季節は、お風呂を上手に使って、原因となる花粉を体から洗い流すだけでなく、疲労やストレスを軽減させて、花粉症を少しでも軽くして乗り切っていただければと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項