節電も大切だけど……熱中症予防にはエアコンも有効

真夏の太陽

エアコンなしで乗り切るのは難しい日本の夏……。熱中症予防にも適切なエアコン使用は大切です。あわせて暑さに負けない身体づくりに励みましょう

夏の体調管理にはエアコンによる空調管理も効果的。できれば節電もしたいという方も少なくないと思いますが、全く冷房を使わない生活は現在の日本ではやや非現実的かもしれません。特に身体の体温調節機能が上手に働きにくく、熱中症が重症化しやすい小さいお子さんや高齢者がいらっしゃるご家庭では、無理をせずエアコンを活用することも大切だと言えます。

とはいえ、普段からできる暑さ対策法もあります。暑さに強くなるために重要なことの一つ、それは「汗をかくこと」です。汗をかきやすい身体にするためには、できれば夏本番の前から対策するのがより効果的。夏の熱さに負けない身体づくりのポイントを解説します。

熱中症・夏バテの原因は、夏の体温調節の難しさにある?

「熱中症」とは、「熱に中る(アタル)」と書きます。暑さによって起こる体の障害の総称で、以前使われていた「熱射病、日射病、熱痙攣、熱疲労、熱失神」などの言葉をひとまとめにしたものですが、その本質は「高くなる体温を下げられないことによる障害」です。

一方夏バテは「なんとなくだるい」といった夏の体の不調の総称ですが、現在の夏バテは暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、睡眠不足といった単純な従来の原因に加え、冷房の効いた室内と年々暑くなる炎天下を行き来することで、その温度差に身体がうまく対処できず、身体が混乱して自律神経失調状態になるといった複雑なものになってきています。急に気温が変わると体調を崩すように、体の温度を一定に保つのは大変なことなのです。熱中症も、急に暑くなる梅雨明けに多く発生します。

それでは、体温調節のために重要なことは何でしょうか?