2015年のおすすめ! 上品に見えるマフラーの巻き方

>>マフラーの最新記事はこちらもご覧ください!

今年の冬はとても寒いのでマフラーは寒さ対策のアイテムとしては欠かせませんよね。でも、いつものようにワンパターンでマフラーを巻くのがつまらないという人に、今回は巻き方にひとひねりアイデアを加えて、仕上げがワンランク上品に見えるマフラーの巻き方を2つご紹介しましょう。

マフラーの巻き方をいつも少しと変えて、首回りを少し華やかに見せるだけで、全体のファッションのコーディネートの印象もかわってくるものです。

1. 蝶結び

マフラー(細長いストールでも構いません)を左右非対称にして首に垂らします。

蝶結び

巻き方1


長い方のマフラーの先を首の下から、反対方向にひと巻して、巻いた状態で左右に垂れる長さが同じくらいに合わせます。

蝶結び

巻き方2



垂れたマフラーの片側をリボン結び(蝶蝶結び)をするように大きなループをつくります。

蝶結び

巻き方3


そのループともう片側のマフラーをリボン結びして、リボンを作ります。

蝶結び

巻き方4


最後に、出来上がったリボンの形を整えて出来上がりです。

蝶結び

巻き方5


次のページでは、「ラージノット」と呼ばれるマフラーの巻き方をご紹介します。