お勧めの宿坊

たくさんある宿坊には、それぞれにゆかりの武家などがあり、いくつか泊まってみるのも楽しいものです。設備はおおむね良好で、宿坊がはじめての方にも適しますが、その分、一般的な宿坊よりも、少しだけお値段が高めかも知れません。料金は宿坊ごとに違い、またシーズンやお料理の内容についても幅がありますが、おおよそのところ、1万円くらいからと考えてください。詳しくは、各宿坊にお問いあわせください。

■蓮華定院(れんげじょういん)
蓮華定院の料理の一例。どれもたいへん美味で、あたたかいものは食べる順に運ばれてきます

蓮華定院の料理の一例。どれもたいへん美味で、あたたかいものは食べる順に運ばれてきます

正式名称を真田庵蓮華定院といい、真田幸村など真田家とのゆかりが深いお寺です。そのため、あちこちに真田家の紋である「六文銭」が見られます。真田幸村は、関が原の戦いで敗戦の将となり、一時、この寺に身を寄せていたのだとか。おん年90歳以上の英語が話せる大女将(ご住職の母君)がいらっしゃることでも有名で、海外からのお客さんが多く、中にはカナダやフランスから何度も泊まりに来ているというリピーターもいます。お料理も素晴らしく、まるで京都でいただく懐石料理のように華麗で美味です。

■福智院(ふくちいん)
福智院の庭園。かの有名な重森三鈴さんの代表作を自分の部屋から眺められます

福智院の庭園。かの有名な重森三鈴さんの代表作を自分の部屋から眺められます

高野山内の宿坊では唯一の天然温泉がある寺で、露天風呂やサウナも完備しています。各部屋の調度品も博物館レベルのものばかりで、本当にこんな部屋に寝泊まりしていいのかと思うほどです。昭和の大庭園作家、重森三玲氏のデザインによる3つの庭園があるのも魅力で、どの部屋からも、さまざまな角度で眺めることができます。



■金剛三昧院(こんごうざんまいいん)
美しい金剛三昧院の多宝塔は国宝に指定されています

美しい金剛三昧院の多宝塔は国宝に指定されています

鎌倉時代の尼将軍、北条政子が、夫、源頼朝の菩提を弔うために建てた寺。国宝の多宝塔や、頼朝の念持仏であったとされる愛染明王像など、数々の貴重な文化財があります。

高野山の観光、宿坊に関する問い合わせ先
高野山観光協会・宿坊組合http://www.shukubo.jp/
和歌山県伊都郡高野町高野山600番地 
電話 0736-56-2616
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。