動画がスムーズに再生されない

このTVで動画を再生

このTVで動画を再生

先回の記事では、「無線LANを使い、別部屋のテレビで録画番組を再生する」方法を解説した。これで、DLNAを使って別部屋で録画したコンテンツを再生することができた。

しかし、実際に再生してみると、ガイドの自宅の場合、再生開始数秒後に停止。数秒後に再開。という繰り返しだった。これでは、映画などを快適に楽しめない。

そこで、今回の記事では「動画を如何にしてスムーズに再生するか」を解説していく。いくつかの方法を紹介するので、試すことができる方法から順に実行して欲しい。

無線LANルータを買い変える

以前の無線LANルータ

以前の無線LANルータ BUFFALO「WZR-HP-AG300H」

突然突拍子もない方法を提唱したが、ガイドの自宅の場合、別の解消方法を実行しなくても動画がスムーズに再生された。

以前利用していた無線LANルータは、BUFFALOの「WZR-HP-AG300H」だ。現在は販売していない機種だが「ハイビジョンも家中スムーズ~」とされている機種だ。

事実、「TSUTAYA(ツタヤ)TV」などインターネット動画配信サービスは、なんの問題もなく再生ができていた。しかし、「無線LANを使い、別部屋のテレビで録画番組を再生する」という環境では、送り出し側も無線LANなので、スムーズに再生ができなかった。また、USB-HDDに保存されているファイルサイズは、インターネット経由の動画サービスのそれより大きいと思われる。

最新の無線LANルータ

最新の無線LANルータ

今回、新しく用意したのは、BUFFALO最新の「WZR-1750DHP2」だ。 WZR-1750DHP2が届き、単に接続の設定をして以前の無線LANルータと交換しただけで、動画がかなりスムーズに再生できるようになった。

最近の無線LANルータは、一世代前のルータより性能がよくなっている。BUFFALOであれば、「11nハイパワー」、NECのAtermであれば「ハイパーロングレンジ」という機能で、遠隔地にも強力に電波を伝送できる。

一世代前の無線LANルータや、景品や付録でもらった無線LANルータなどを利用しているユーザは、この機会に交換してみたらどうだろうか。抜群に使い勝手が向上すると思う。事実、いつも別部屋でインターネットのサイトを閲覧している家族から「急にWebページがさっと表示されるようになった。」との報告を受けている。

以下は既存のルータの機能を使った方法だ。順にみていこう。