3日目:朝食はモンサラットで! 帰国日もギリギリまで楽しみます

早起きしてサンライズでパワーチャージ!

早起きしてサンライズでパワーチャージ!

アッという間に帰国日ですが、空港へ向かうギリギリまでハワイを楽しみましょう。早起きをして、まずはワイキキビーチへ。
 

3日目:7時~ ワイキキビーチを朝散歩

爽やかな朝のワイキキビーチ。ジョギングする人、ヨガやフラレッスンを受ける人の姿も

爽やかな朝のワイキキビーチ。ジョギングする人、ヨガやフラレッスンを受ける人の姿も

まだ人影も少なく、波の音に包まれているワイキキビーチ。ダイヤモンドヘッドから昇るサンライズを拝みながら海沿いを散歩します。ハレクラニ前のビーチは、病気や痛みが和らぐ「カヴェヘヴェヘ」と呼ばれるパワースポット。ワイキキ交番脇には、万病を治すと言われる魔法の岩があります。近代サーフィンの父、デューク・カハナモクの像と記念撮影するのも忘れずに。
 
ダイヤモンドヘッドの麓にあるモンサラットエリアへ

ダイヤモンドヘッドの麓にあるモンサラットエリアへ

朝散歩の後は、グルメタウンのモンサラットへ。クヒオ通りバス停からザ・バスで10分ほど。今日は1往復だけの利用なので、片道料金(2.75ドル)、ワンデーパス(5.50ドル)のどちらを選択してもOKです。

<関連記事>
<モンサラットへのアクセス>
  • クヒオ通り海側バス停からザ・バス2番で「Campbell Ave+Monsarrat Ave」バス停下車。乗車時間約10分
  • 徒歩の場合は、ワイキキ東側ホテルから約20分
 

3日目:7時30分~ モンサラットで美味しい朝食を

フルーツいっばい! サニーデイズのパンケーキ

フルーツいっばい! サニーデイズのパンケーキ

人気のカフェやプレートランチ店が連なるモンサラット通り。「ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル」のプレートランチとブルーベリー・クリームチーズ・スコーン(8時~、スコーンは7時~)、「ボガーツ・カフェ」「サニー・デイズ」「カフェ・モリーズ」のフライドライスやパンケーキ(7時~)。コーヒーにこだわるなら「アース・カフェ」(6時30分~)へ。お腹いっぱい頂いたら、9時20分頃にはモンサラットを出発してホテルへ戻りましょう。

<ワイキキへのアクセス>
  • パキSt.山側の「Paki Ave+Monsarrat Ave」バス停からザ・バス8・20・42番でクヒオ通りへ。乗車時間は約15分
  • 徒歩の場合は、ワイキキ東側ホテルまで約20分
 

3日目:10時30分~ ホテル出発、ダニエル・K・イノウエ国際空港へ

空港内はDFS(免税店)やスターバックスなどショップが充実

空港内はDFS(免税店)やスターバックスなどショップが充実

空港までは、タクシーで約20分。13時発の帰国便に合わせて、10時30分にはタクシーに乗り込みましょう。お土産を買い忘れた!という人は、空港セキュリティチェック通過後の出発ゲートで調達できます。ホノルル・クッキー・カンパニー、ビッグ・アイランド・キャンディーズ、ハワイ限定ゴディバなどを扱うDFSギャラリアをはじめ、付箋紙やメモ、シールが並ぶキオスク、スターバックス・コーヒーにはハワイ限定柄のマグもありますよ。時間に余裕があるなら、スターバックスのハワイ限定ドリンクにもトライ!

<関連記事>  

時差により4日目、日本到着

お疲れ様でした! ホノルルから8~9時間のフライトで、日本到着は月曜15時頃。明日からの仕事、学校に備えて、ゆっくり休んでくださいね!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。