ホノルル国際空港から「ダニエル・K・イノウエ国際空港」ヘ!

開港時は「ジョン・ロジャース空港」。その後「ホノルル空港」「ホノルル国際空港」へ。「ダニエル・K・イノウエ国際空港」で3度目の名称変更となる

開港時は「ジョン・ロジャース空港」。その後「ホノルル空港」「ホノルル国際空港」へ。「ダニエル・K・イノウエ国際空港」で3度目の名称変更となる

2017年4月27日 ホノルル国際空港は、ダニエル・K・イノウエ国際空港へ名称変更しました。ダニエル・ケン・イノウエ氏は、半世紀にわたって米上院議員を務めたハワイ州選出の日系議員。2010年には上院仮議長に選出され、2012年12月に88歳で亡くなるまで同職を務めました。ホノルル国際空港の整備・発展のための予算確保にも貢献したことから、その功績をたたえ、2016年に州議会で空港改名が決議されました。

ハワイ諸島への玄関口、ダニエル・K・イノウエ国際空港

長期の空港近代化プロジェクトが進行中。サービスやセキュリティシステムの向上など改修・整備が行われている

長期の空港近代化プロジェクトが進行中。サービスやセキュリティシステムの向上など改修・整備が行われている

オアフ島ホノルル市の中心部から約10キロメートルに位置するハワイ諸島最大の空の玄関口、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)。空港内の施設や市内アクセス、レストラン&免税店などについてご案内します。

入国手続きも日本語案内でラクラク移動

3つの旅客ターミナルからなるダニエル・K・イノウエ国際空港

3つの旅客ターミナルからなるダニエル・K・イノウエ国際空港

ダニエル・K・イノウエ国際空港は、国際線とアメリカ本土線の発着を行う国際線(オーバーシーズ)ターミナル、ハワイアン航空が島間線やアメリカ本土線、国際線の発着を行うインターアイランドターミナル、アイランドエアーとモクレレ航空が島間線の発着を行うコミューターターミナルで構成され、1階が到着ロビー、2階が出発ロビーになっています(コミューターターミナルは出発・到着ともに1階)。

入国手続きの流れは、まず2階入国審査場で審査を受け、1階のバゲージクレームでスーツケースをピックアップ。税関審査(申告なしは緑ランプライン、申告ありは赤ランプライン)を通過後、個人用出口、または、団体用出口へ向かいます。日本人の利用が多いため、日本語の表示やアナウンスが行われており、初めての人でも安心して移動できます。

ネイバーアイランドへの乗り換え

国際ターミナルから国内線ターミナルの出発ロビーへ

国際ターミナルから国内線ターミナルの出発ロビーへ

ハワイ島、マウイ島などネイバー各島へは、国内線に乗り換えます。まずは、国際線ターミナルで入国審査を受けて荷物を受け取り、税関を通過。その後、利用航空会社によって、インターアイランドターミナル、または、コミューターターミナルへ移動してチェックインします。

<紹介記事>
ハワイの島間アクセス

空港からホノルル市内へのアクセス

ワイキキまで最短時間で到着するのは、やっぱりタクシー

ワイキキまで最短時間で到着するのは、やっぱりタクシー

空港からホテルが集まるワイキキへの一般的な交通手段は、タクシーかシャトルバスです。タクシーは移動時間が20~30分で、料金は35~40ドル+チップ。ワイキキのホテルを巡回するシャトルバスは、移動時間約40分で16ドルほどです。

<紹介記事>
ホノルル国際空港からホノルル市内へのアクセス

レンタカーの空港営業所

ダラーとアラモは、空港と営業所を巡回するシャトルバスで移動

ダラーとアラモは、空港と営業所を巡回するシャトルバスで移動

空港の敷地内、空港付近には、レンタカー会社の営業所があります。国際線ターミナル1階の到着ロビーにカウンターが設けられていますが、手続きや鍵・車のピックアップは営業所で行うため、日本で予約済みの人は、国際線ターミナルから徒歩5分のカーレンタルセンター(ハーツ、バジェット、エイビス、ニッポン)へ。または、レンタカー会社のシャトルバスに乗って営業所へ向かいます(ダラー、アラモほか)。

<紹介記事>
ハワイでレンタカー 

Wi-Fiは有料サービス

残念ながら空港には無料Wi-Fiのサービスはない

残念ながら空港には無料Wi-Fiのサービスはない

空港では「Shaka Net」による有料Wi-Fiサービスを行っていて、料金は2時間6.95ドル。ハワイ到着後すぐにWi-Fiを利用したい人は、日本でルーターをレンタルするか、ダニエル・K・イノウエ国際空港でルーターの受取・返却が可能なレンタル会社を選びましょう。帰国時、出国審査後に利用できる航空会社やクレジットカード会社の専用ラウンジでは、無料Wi-Fiサービスを提供しています。

外貨両替所

ハワイに到着して一番最初にある両替所が、税関を通過した目の前にある両替窓口です。実はこちら、日本の銀行と比べて約15%もレートが高く、1回7ドルほどの手数料も発生します。到着時にドルを持っていない場合は、両替は当日の交通費程度におさえ、市内の銀行やワイキキの民間両替所を利用しましょう。

<紹介記事>