ハワイの最新両替事情2017

ハワイ旅行で必要なアメリカドル。もし、滞在中に手持ちのドルが不足してしまったら……(c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages

ハワイ旅行で必要なアメリカドル。もし、滞在中に手持ちのドルが不足してしまったら……(c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages

ハワイで外貨両替できる場所は、ホノルル空港内の両替所、ホテル、銀行、そして、ワイキキなどにある民間の両替所です。どちらも円からドルへの両替が可能ですが、レートや両替手数料に差があるのでご注意を。最近では、最もレートが有利といわれるクレジットカードの海外キャッシングを利用する人も増えています。

ホノルル空港、ホテルでの両替は避ける

交通費やチップ、飲み物代など到着日だけでも現金を使う機会は多い

交通費やチップ、飲み物代など到着日だけでも現金を使う機会は多い

ハワイに到着して一番最初にある両替所が、ホノルル空港国際線ターミナルの両替窓口。入国審査を受けて荷物を受け取り、税関を通過した目の前にあります。ドルを持っていない人は慌てて両替しがちですが、実はこちら、レートが大変悪いことで有名。日本の銀行と比べて約15%もレートが高く、さらに、1回7ドルほどの手数料も発生します。

同様に、ホテルでの両替もレートが悪く、手数料はホテルによってまちまち。銀行は、空港、ホテルより比較的有利なレートですが、営業時間が短い上、土・日曜は休みなので、利用時間が限られるのが難点です。

個人旅行の場合、空港からホテルまでの移動費にすぐドルが必要です(ホノルル~ワイキキ間:タクシー約50ドル、シャトル約15ドル)。ツアー旅行でも、ホテル到着後、荷物を運んでもらったポーターヘのチップが必要に。空港、ホテルでの両替を避けるため、到着日分の必要最小限の現金(移動方法により、50~100ドルあれば十分)は、日本で両替しておきましょう。

ハワイでお得なワイキキ民間両替所

ロイヤルハワイアン通りにある民間両替所

ロイヤルハワイアン通りにある民間両替所

ハワイで最もレートが良く、手数料なしで両替してくれるのが、ワイキキにある民間両替所です。免税店でおなじみ、Tギャラリア ハワイ by DFSの両替所をはじめ、Tギャラリアが建つロイヤル・ハワイアン通りとその周辺に、政府公認の両替所が点在しています。

実は、日本の銀行よりも良いレートをつけるということで、旅行者はもちろん、現地在住の日本人も両替に訪れています。レートは店ごとに多少異なるので、数軒チェックしてから両替を。ワイキキの民間両替所については、ホノルルサイト「ワイキキの両替所」で詳しく紹介しています。 

クレジットカードの海外キャッシングという方法も

両替所へ行くことなく、現地ATMで引き出せる(c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages

両替所へ行くことなく、現地ATMで引き出せる(c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages

ドルを最も有利なレートで手に入れることができるのは、クレジットカードの海外キャッシングだと言われています。VisaやMaster Cardなどのマークが付いたカードであれば、現地ATMで日本国内と同様の操作でドルを引き出すことができます。

返済日までの利子やATM利用手数料はかかりますが、翌月払い、または、帰国後すぐの臨時返済であれば、両替手数料より安くすむことが多いようです(利用額が少額の場合は当てはまらない)。ATMもワイキキのABCストアをはじめ、アラモアナセンター、ホノルル国際空港等至るところにあり、日本語対応のATMも普及しています。

とはいえ、現金を借りることに抵抗がある人もいるでしょう。手持ちの現金が少なくなってしまったり、予定外の出費があった時のお守りとして覚えておくと安心ですね。クレジットカード各社のウェブサイトには、両替と比較した海外キャッシングのメリットが掲載されているので、お手持ちのカード会社のサイトをチェックしてみてください。1日の利用回数や上限額も合わせてチェックしておきましょう。

<関連リンク>
All About マネー:海外旅行での裏技!クレジットカードでキャッシング