ワイキキビーチに建つ近代サーフィンの父、デューク・カハナモク

当時は木製だったロングボードとともにクヒオ・ビーチパークに建つ、デューク・パオア・カハナモク

当時は木製だったロングボードとともにクヒオ・ビーチパークに建つ、デューク・パオア・カハナモク

ワイキキの真ん中で、ビーチを背にして建つ銅像。誰なのかわからないまま記念撮影していませんか? 彼の名前は、デューク・パオア・カハナモク(1890~1968)。ハワイ初のオリンピック金メダリストであり、キリスト教宣教師によって迫害されていたサーフィンの復活に貢献。「近代サーフィンの父」と呼ばれたハワイの英雄です。

ワイキキのビーチボーイがオリンピックへ

銅像が建立されたのは、生誕100周年を迎えた1990年。海を愛した彼が、海に背を向けているのはかわいそうという意見も

銅像が建立されたのは、生誕100周年を迎えた1990年。海を愛した彼が、海に背を向けているのはかわいそうという意見も

ダウンタウンで生まれ、ワイキキで育ったデュークは、幼い頃から水泳やサーフィンが得意。十代の頃は、ワイキキビーチで旅行者にサーフィンを教えたり、ビーチの監視や救助をするビーチボーイでした。

長身でハンサムなデューク(右)

長身でハンサムなデューク(右)

1911年、20歳の時に地元の競泳大会で世界記録を更新したことをきっかけに、翌年開催されたオリンピックのストックホルム大会ヘ出場。デュークは、100メートル自由形で金メダル、自由形で参加した800メートルリレーでも銀メダルを獲得しました。

さらに、1920年アントワープ大会では、両競技ともに金メダル。1924年パリ大会では、100メートル自由形で銀メダルを獲得。その後、競泳界を引退したものの、1932年ロサンゼルス大会には水球の選手として出場し、銅メダルを獲得しています。 

ハリウッド映画にも出演! 世界にサーフィンを広めたデューク

オリンピックで有名になると、ハンサムだったデュークは、ハリウッド俳優としても活躍。当時、まだ無声だったハリウッド映画約30本に出演しました。また、サーフィン普及のため、アメリカ本土、オーストラリアなど世界各地でサーフィンの妙技を披露し、「近代サーフィンの父」と呼ばれるように。晩年は、ホノルル市郡の保安官を勤めながら、「ハワイのアロハ大使」(親善大使)として活躍しました。

彼の名前を冠したビーチ、レストランヘ行ってみよう

ヒルトンに隣接するデューク・カハナモク・パーク。ビーチ遊びの休憩にピッタリな公園

ヒルトンに隣接するデューク・カハナモク・パーク。ビーチ遊びの休憩にピッタリな公園

デュークが育ったのは、母親の実家があったヒルトン・ハワイアン・ビレッジのカリアタワー付近。ヒルトン前には彼の名前が付いたビーチ&ラグーン、その後方のヒルトンとハレコアホテルの間には、デューク・カハナモク・パーク(公園)があります。

たくさんのデュークに会える「デュークス・ワイキキ」

たくさんのデュークに会える「デュークス・ワイキキ」

また、銅像近くのアウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチには、レストラン&バー「デュークス・ワイキキ」が。デュークの写真が飾られた店内は、海好きのローカルや欧米からの旅行者でいっぱい! バーで1杯飲むのも良し、シーフードやステーキなどのアメリカ料理も味わえますよ。

デューク・カハナモク・ラグーン紹介記事はこちら>>>デューク・カハナモク・ラグーン/ホノルル

<DATA>
■DUKE KAHANAMOKU STATUE(デューク・カハナモク像)
住所:ワイキキ クヒオ・ビーチパーク内 ハイアット・リージェンシー向かい
※デューク像を映すライブカメラが設置されており、ホノルル市のサイトでストリーミング配信されています(ハワイ時間=日本時間+5時間-1日)。

DUKE'S WAIKIKI(デュークス・ワイキキ)
住所:2335 Kalakaua Ave. アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ1階
TEL:808-922-2268
営業時間:朝食7:00~10:30、ランチ11:00~15:00、ディナー16:45~22:00、バー11:00~24:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。