ヴァイキング時代の造船芸術を見てみよう!

 

「ヴァイキング」と聞くと、なにを思い浮かべますか? 800~1000年代後半は「ヴァイキング時代」ともよばれ、スカンジナビア諸島出身の武装船団がヨーロッパ沿岸地域を船で移動しながら侵略していました。略奪や殺人をする恐ろしいイメージがあるかもしれませんが、実はヴァイキングは優れた交易能力や造船技術に長けていたことでも知られています。実際の当時の船を目にすることができるのが、3隻の船が展示されているヴァイキング船博物館です。

800年代の歴史を刻む、主役級の美しい船

オーセベルグ号

最も迫力のあるオーセベルグ号 Photo: Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo
 

館内に入ってまず一番先に目に飛び込んでくるのは、巨大な木製のオーセベルグ号。820年頃に作られたとみられており、1904年に濠の中から発掘。発見当時は船の中央に設置されていた遺体安置用の小屋に2人の女性の遺体が安置されていました。考古学者の苦労の末、困難をきわめた発掘作業と復興作業は終了。同時に、荷車、ソリ、寝台などの数々の貴重品もみつかりました。それらの出土品は館内で展示されています。

オーセベルグ号の墳墓からは、未だに使用方法が不明の「竜頭柱」が5本発見されました。オリジナルの一部は復興作業中で、いずれ博物館に戻ってきますが、現在は複製品が展示されています(動画参照)。

船は権力者の地位を表すシンボル

ゴークスター号

本格的な航海に適していたとされるゴークスター号 Photo:Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo

ゴークスター号は、800年代後半に作られたとみられ、1880年に発掘されました。60歳ほどの首領とみられる男性の骨格の断片もみつかっており、航海用から、最後には埋葬用として使われた船だということがわかります。
テューネ号

見劣りするが、元来は小型の立派な船だったテューネ号 Photo: Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo

最初の2隻に比べると、船体の大部分が失われてしまっているのがテューネ号(Tuneskipet)。900年頃に作られ、1867年に発見されました。こちらも最初は速度の速い船として使用された後、男性の埋葬船として墳墓に埋められていました。

全ての船は盗賊によって荒らされており、貴金属などの副葬品はほとんど残っていません。あまり価値がないとみられたのか、木製品は残されていたようで、主にそれらが館内には展示されています。

帰りはミュージアムショップでお土産探し?

ミュージアムショップ

旅行者が好むお土産が揃う小さなミュージアムショップ Photo: Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo

ヴァイキングのヘルメット

ヴァイキングのヘルメットをかぶる愛嬌の良い店員さん Photo: Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo

チケット売り場の隣には小さなミュージアムショップがあります。展示物に関する日本語の解説本(有料)が販売されており、充実した内容となっているので、詳しく船のことを知りたい方にはおすすめです。世界中の旅行者の多くが購入していくのが、船の形をしたマグネットや、暖かい毛糸の手袋などだそうです。

ビグドイ地区には博物館や美術館が点在しており、ミュージアム好きにはたまらないエリア!(別記事「オスロの博物館を満喫!フィヨルド沿いビグドイ地区」)。ヴァイキング船を訪れる時は、徒歩で約5分以内でアクセスできる民族博物館もセットで訪れてみてはどうでしょうか?(別記事「アナ雪の世界観が体験できる!ノルウェー民族博物館」)。



ヴァイキング船博物館へのアクセス

バス停からすぐの白い外観が目印 Photo: Asaki Abumi/Museum of Cultural History, University of Oslo

<DATA>
Vikingskipshuset(ヴァイキング船博物館)
住所:Huk aveny 35, 0287 Oslo
電話:+47 22 13 52 80
営業時間:5月~9月9:00~18:00、10月~4月10:00~16:00
料金:大人1人80ノルウェークローネ、観光カードOslo Passで無料(別記事「オスロ観光案内所と節約旅行に役立つ観光カード」
アクセス:バス30番Vikingskipene駅から目の前、夏(4~10月)はオスロ市庁舎前Rådhusbrygge乗り場からから出ているフェリーで、ビグドイ地区にあるDronningen乗り場で下船して向かうのがおすすめ。

※1ノルウェークローネは2015年1月現在、約15.3円。おおむね16円前後で推移。
※営業時間などのデータは時期によって異なるので、最新情報は公式HPで確認を。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。