平日どんどん溜まっていく肌疲れ&身体のだるさを、月曜までにリセットする!

日々の疲れで、金曜にはすっかり疲れが顔に張り付いている、という女性も多いのではないでしょうか?けれどウィークデーは何かと忙しく、お肌のケアがおざなりになりがちです。しかし女性たるもの、新たな週はイキイキとした肌で気分良く迎たいもの。そこで、週末の時間を上手に使ってウィークデーの肌疲れをリセットするための、週末集中美肌チャージ法を紹介します。

「2本指ローラー洗顔」で、肌疲れ一掃!

早く終わらせたい洗顔が実は大切。

早く終わらせたい洗顔が実は大切。

一刻も早く体を休めたいウィークデーにありがちなのが、ざっくり洗顔。クレンジングはポイントメイクの部分ばかり念入りで、その他はさらっと済ませたり、洗顔は手のひらで全体をこすって即終了、というパターンです。しかし、洗い残しや流し残しは肌に如実にひびきますから、それを続けてきた場合、金曜にはメイクものらず、くすんだ疲れ肌になりがちです。

週末くらいは洗い残しをすべて一掃するつもりで、すみずみまでていねいに洗う、2本指でのローラー洗顔がおすすめします。
ローラー洗顔とは、ガイドの田中愛が考案した「中指と薬指の腹部分だけを使ってお顔のすみずみまで洗い上げる」洗顔のこと。手のひらなどの広い部分は使わないため、洗い残しを最小限にとどめることができ、肌への接地面積が少ないですから自然とまんべんなく洗い上げることができます。肌に負担のかからない適度な力加減を実現する2本の指がポイントです。


ローラー洗顔の方法とポイント

洗顔料をお顔にのせます。

洗顔料をお顔にのせます。

1. ジェルタイプなどの伸びの良い洗顔料を手に取りおでこ、鼻のうえ、あご、両頬に少量ずつのせます。

2. 強くこすりすぎると小じわの原因になってしまいますので、力の入りやすい人差し指は封印。中指と薬指で小さく円を描きながら頬、あご、おでこの順に洗顔料をなじませます。実際にやってみるとわかるのですが、肌との接地面が小さいため、かなりていねいに洗うことが出来ます。

3. 次に同じように円を描きながら目のまわりを洗いますが、目のまわりは特別薄い皮膚ですので、目頭から目尻に向かってやさしくなでるように洗ってください。

4. 次はメイク汚れや色素沈着が起こりやすい部分を洗います。
こめかみも丁寧に。

こめかみも丁寧に。

・こめかみ
洗い残しが残りやすいため、フェイスラインぎりぎりまで念入りに。

 

小鼻はメイクが残りやすい。

小鼻はメイクが残りやすい。

・小鼻の横
ファンデーションのメイク汚れが残りやすい場所です。円を描きながらくるくると指を回転させながら洗います。

 

色素沈着が起こりやすい唇

色素沈着が起こりやすい唇

・唇
口紅メイクの色素沈着が残りやすい場所です。円を描きながら縦しわを意識して洗います。

 

5. すべてを隅々まで洗ったら、ぬるま湯で流し残しのないようにやさしく洗い流し、やさしくタオルオフしてください。

次ページでは、「全身美肌を作るオートミール風呂」を、紹介します。