日本人の約4割が不眠症の疑い

世界的な製薬会社のMSD株式会社が、日本人の不眠に関する意識と事態の調査を行いました。対象は20歳から79歳の男女7,827名です。

世界保健機関( WHO )が中心となって作った「アテネ不眠尺度」によると、今回の調査対象者の約4割(38.1%)が「不眠症の疑いがある」、約2割(18.4%)が「不眠症の疑いが少しある」となりました。

これまでの調査では、「寝つきが悪い」「睡眠中に何度も目が覚める」「朝早くに目が覚める」などの不眠症状に悩んでいる割合は、10人のうち3人ほどとされてきました。もしかすると、不眠症やその疑いがある人の数が年々、増えてきているのかもしれません。

不眠があると日中のパフォーマンスが落ちる

日中のパフォーマンス低下

不眠は脳と体の働きを悪くします

日中、思いどおりに活動できることを100点満点で自己採点すると、不眠症の疑いがあるグループは平均64.5点で、不眠症の疑いがないグループの平均87.3点と比べて、3割以上も点数が悪くなりました。

つまり、不眠症状が強まるほど、日中のパフォーマンスがダウンするということです。

不眠症の疑いがある人で、自分でも不眠症を疑っている人は3人に1人(35.2%)しかおらず、6割以上(64.8%)の人は不眠症を自覚していません。そして、不眠症の自覚症状がある人の約7割(69.0%)が、「医師に相談したことはない」というのも実態です。少なくとも不眠を自覚したら、早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

不眠とストレスや生活習慣の関係

不眠症の疑いがある人のうち、ストレスを感じている人は約6割(58.5%)で、疑いがない人(19.5%)の約3倍もいます。そのためか、寝つく前に不安や憂鬱(ゆううつ)、緊張を感じる割合は、不眠症の疑いがあるグループで、不眠症の疑いがないグループの約4倍もあります。

一方、不眠症の疑いがある人の約9割が、眠る前にテレビを見たり、スマートフォンを操作したり、寝酒を飲んだりしています。これらの行動は、脳を刺激してますます眠られなくなるので、不眠のあるなしにかかわらず控えたほうが良いでしょう。


【関連サイト】
MSD 不眠に関する意識と実態調査を実施
世界標準の快眠度チェックリストで、睡眠の質を測ろう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項