新年のスタートは顔ヨガを始めるベストタイミング!

イメージ2

 

年末年始は、運動不足と暴飲暴食が重なるため、普段の生活リズムを崩して体調不良の原因となりやすいもの。顔の筋肉=表情筋を動かさないでいると、顔にも老廃物がたまり、むくみやすくなります。さらに、お正月に食べるものは、野菜やビタミンが不足しがちなため、肌荒れを引き起こすことも。身体を動かさないので、内臓の動きは鈍くなっています。内臓の不調は直接肌に表れます。ニキビや吹き出物も出やすくなり、口内炎が起きたり、唇もガサガサ。そこに暴飲暴食が重なることでターンオーバーも自律神経も乱れやすくなってしまいます。

せっかくのお正月休み。ゆっくり身体も精神も休ませたら、これからはスッキリした顔で過ごしたいですね。
今回は、忙しい時でもちょっとした時間にできる簡単顔ヨガ「ひょっとこ口」を紹介します。口周りの筋肉を動かすだけなので、いつでもどこでも手軽にトライできます。口周りの筋肉=口輪筋は、たくさんの表情筋の始点となる重要な筋肉です。ここを鍛えることで、そこから繋がるほほの筋肉やアゴ周りの筋肉にも喝を入れて、スッキリ小顔を手に入れましょう!

お風呂デトックス+顔ヨガで、効果アップを目指す!

今回は、お正月の運動不足と暴飲暴食によるデカ顔解消に、お風呂デトックス+顔ヨガをお薦めします。お風呂にゆっくり浸かって汗をかくと、自律神経も整います。さらにリラックス効果を高めるアロマバスで、リフレッシュしましょう!

1.ぬるめのお風呂に好きなアロマオイルを数滴垂らし湯船に浸かります。
アロマを使うことで香りを呼吸器官から吸収でき、さらにお湯につかることで、皮膚からアロマオイルの成分を取り入れることが出来ます。意識的に深呼吸をして、同時に身体と顔の緊張もゆるめ、無駄な力を抜きしましょう。

※ リラックスしたい時には、38度前後のぬるめのお湯に30~40分程度入ります。 リフレッシュしたい時には、40~42度ぐらいの熱めのお湯がおススメです。入浴時間も短くしましょう。

2.リラックスしている間に顔ヨガタイムです。
a)唇を上下左右にすぼめて中心に集めるようにして、前に突き出します。唇はしっかりと閉じ隙間ができないように力をいれます。

b)唇の形はそのままで、右に移動します。次は左に移動。最後は前にグーッと突き出します。
思い切り前に出すことで、口周りの広範囲を刺激することができるので、アゴのラインもスッキリします。

 

注意:唇の横に力が入らず「アヒル口」になるのはNGです。しっかり唇の横に力を入れて小さくすぼめましょう!

唇をすぼめる時は、口周りの無駄なお肉を意識して、全部を中央に寄せ前に突き出すイメージで。顔も、脂肪がたるむのは、ふだん動かさないところにあらわれます。しっかり寄せて筋肉を刺激しましょう。意識が行き渡るほど小顔になれます。

効果アップのプラステクニック

冬は乾燥する季節。肌が弱い方は、ほんの少しのエッセンシャルオイルでも刺激を感じることがあります。そんな時は、牛乳や日本酒などを30ml程度加えたり、ハチミツを少々プラスすることもオススメです。

新しい年を迎えて充実した日々を過ごすために、一日1度のリラクッス+顔ヨガを習慣にしましょう。数日で顔がスッキリしますよ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。