クラウドソーシングとは

「クラウドソーシング」というサービスをご存じですか?

IT用語辞典『e-Words』によると、
「インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うこと。また、そのような受発注ができるWebサービス」
と定義されています。希望する仕事の相手を見つけるだけでなく、契約・納品・支払いまでがインターネット上で完結します。

不特定多数の力を借りることができるクラウドソーシング

不特定多数の力を借りることができるクラウドソーシング

ちなみに、クラウドソーシングの「クラウド」は、クラウドコンピューティングのほうの、「雲」を語源とするクラウド(cloud)ではなく、群衆(crowd)を語源とするほうです。つまり、不特定多数のスキルやアイデア、労働力を経営に生かす仕組みが、クラウドソーシングなのです。

クラウドソーシングの国内市場規模は2014年で391億円、2017年で1473億円となっています(矢野経済研究所「BPO市場・クラウドソーシング市場に関する調査結果2013」より)。これからも拡大が見込まれている市場で、発注側としては、クラウドソーシングサービスとどう付き合っていけばいいのでしょうか。