「昔はすぐに2~3キロは減量できたのに、今は全く痩せない」「10年前に気に入って使っていた化粧品が、今では全く満足できない」。そんな経験はありませんか? その理由は、年齢とともにお肌も体も変化しているため。

一般的に、食品であるサプリメントに対象年齢などは明記されていませんが、実はサプリメント選びでも、年齢に合った効果を持つ成分を選ぶことが大切なのです。そこで今回は、大人にオススメのサプリ成分をご紹介します。
1

大人に必要な成分とは?



大人のダイエットに!「アロニア」

北米原産のベリー系・バラ科での果実で、別名ブラックチョークベリーとも呼ばれている“アロニア”。寒さに強いのが特徴で、主にロシア・北米などで栽培されています。日本でも40年近く前から栽培されていて、他のベリー系果実(ブルーベリーなど)よりも、ポリフェノールが豊富。瞳のケアにも役立つ、アントシアニンを多く有しているのが特徴です。
2

燃えやすい身体をつくる!


このように、古くから栽培されている果実ではありますが、最近になってアロニアに含まれる「カロテノイド」には、脂肪分解促進効果があることが発覚。

「歳をとると痩せにくくなる」、その原因は、熱産生を行うUCP1(脱共役たんぱく質1遺伝子)の減少のためだと言われていますが、アロニアは自律神経に働きかけ、UCP1 を増やす働きがあることがわかったのです。つまり、アロニアを摂取することで、加齢による代謝の低下を改善し、燃えやすい体を作ってくれるのです。

30代後半や40代になって、ガクンと代謝が落ちたと感じる方は、アロニア成分が配合された、サプリメントの摂取を心がけると良いかもしれません。


おなじみ「コラーゲン」の摂取は必須

コラーゲンは、若々しさを維持するためには必要不可欠な栄養素。タンパク質の一種でアミノ酸が結合してできており、体内のタンパク質の3分の1がコラーゲンで作られています。また、お肌の7割がコラーゲンで構成され、細胞間をうめるように繊維状や膜状に存在しています。コラーゲンは20歳代までが最も多く体内に存在しており、それ以降は減少傾向に。40歳代では、コラーゲンの量はピーク時の半分以下になるといわれています。
5

外側のケアだけじゃ足りない?


その理由は、加齢による新陳代謝の低下。それとともにコラーゲンの生成もスムーズではなくなってしまいますので、コラーゲンを外部から摂取することが必要になります。

外部からコラーゲンを摂取することで、コラーゲンの新陳代謝が活性化され、体内に新鮮なコラーゲンが常に多く含まれている状態になるのです。コラーゲンで満たされていると、肌の保水機能が高まり、ハリ・弾力の向上に役立ちます。

コラーゲンは減少傾向に差し掛かる20代半ばからの摂取がおすすめです。