第6回パングランプリ東京

2014年9月8日、東京都パン商工協同組合主催、東京パン連盟工業協同組合、東京都学校給食パン協同組合、東京青雲会、全日本丸十パン商工業協同組合、リテイルベーカリー協同組合共催による町のパン屋さんの製パンコンテストが開催されました。

「パンは毎日、お客さんの口を通じて、コンテストが行われているようなもの」。全日本パン協同組合連合会会長の西川隆雄さんは表彰式の席でそのように述べましたが、出品作品が商品としてお店に並ぶのがこのコンテストの特徴となっています。

2014年の審査はドーナツ(イースト発酵でリング型)、バゲット(あるいはバタール)、そしてクロワッサン生地を使ったパンの3部門で行われました。

審査員(敬称略)は井上好文(社団法人日本パン技術研究所)鈴木信明(日本菓子専門学校)、中島進治(東京製菓学校)、日野洋子(こんがりパンだパンクラブ)、そしてAll Aboutパンガイド、清水美穂子です。

表彰式は10月9日、日本製粉株式会社で行われました。応募総数23作品の中から、7作品が選ばれ、全部門通して最も優秀な作品に東京都知事賞、部門それぞれの最優秀作品に連合会会長賞、続いて パングランプリ東京 大会会長賞が授与されました。

受賞7作品をご紹介します。

東京都知事賞 "Baguette Fondamental"

Baguette Fondamental

Baguette Fondamental


全部門中最高得点で東京都知事賞を受賞したのは、株式会社ル・スティルの山崎数正さんの"Baguette Fondamental"でした。

"Baguette Fondamental"その名も「基本のバゲット」。オートリーズ法とオーバーナイト法を用いた基本的なバゲットで、ローストした小麦胚芽が香ばしさを高めています。冷蔵で18時間発酵をとり、旨みたっぷりのバゲットに仕上がっていました。
東京都知事賞受賞

東京都知事賞受賞


「バゲットをつくる難しさをあらためて感じ、勉強になりました」という山崎さんはヴィロンで日々、バゲットを焼いています。Baguette Fondamentalはル・スティルの経営するゴッサムグリルでサーヴされる予定です。

ゴッサムグリル
住所:渋谷区東3-16-10 J-Park恵比寿3 ALTIMA1F
TEL:03-5447-0536

【関連記事】
ゴッサムグリル
ベストパン★2013 1位 VIRON(渋谷、丸の内)

山崎数正さん

山崎数正さん


次のページでは連合会会長賞の受賞作品をご紹介します。