デュッセルドルフのクリスマスマーケットは日本から直行OK!

dw1

日本人が過ごしやすい街デュッセルドルフはクリスマスマーケットもおすすめ。写真は旧市街のマルクト広場

<目次>
本場ドイツのクリスマスマーケットに行ってみたい! と冬のドイツ旅行を計画する人が増加中。ドイツには世界中に知られるニュルンベルクシュトゥットガルトドレスデンの三大クリスマスマーケットのほかにも魅力的なマーケットがたくさんありますが、日本からのフライト直行便があるデュッセルドルフのクリスマスマーケットもおすすめのひとつです。
 
お菓子の名店ハイネマンもあり!

お菓子の名店ハイネマンもあり!

デュッセルドルフのクリスマスマーケットは、ドイツの多くの街より開催期間が長いのが嬉しいポイント。そして何より立地の良さが魅力です。ドイツ西部のライン川沿いに位置するデュッセルドルフの近郊には、ケルンアーヘンドルトムントなど人気のクリスマスマーケットがたくさんあるので一度の旅行でいろいろなマーケットを体験できますし、ベルギーやオランダとの国境に近いので隣国のクリスマスマーケットを訪れることも可能。在住日本人が約7000人もいる日本人街として知られるデュッセルドルフは、日本食レストランからショップ、ホテルなど日本人が快適に過ごせる環境が整っているので旅の拠点としてもおすすめの街です。

デュッセルドルフではいくつかの広場でそれぞれのテーマに沿ったクリスマスマーケットが開催されます。有名なアルトシュタット(旧市街)を中心に趣の異なるマーケットの見どころをご紹介しましょう。

デュッセルドルフの街情報はこちらの記事でどうぞ
デュッセルドルフ近郊でおすすめのクリスマス市
<DATA>
Weihnachtsmarkt in Düsseldorf 2019 デュッセルドルフのクリスマス市
開催期間:2019年11月21日~12月30日  
開催時間:日~木 11:00 ~20:00 土日 11:00 ~21:00
開催場所:Marktplatzほか
アクセス:デュッセルドルフ中央駅から徒歩15分
 

一番人気!マルクト広場の伝統的なクリスマスマーケット

dw3

やはり伝統的なクリスマス市が一番人気。週末はオランダやベルギーからもたくさんの人がやってくる

デュッセルドルフの旧市街では多彩なクリスマスマーケットが開かれますが、まず最初におすすめしたいのが市庁舎が建つマルクト広場(Marktplatz)です。石畳の広場に大きなクリスマスツリーが立ち手工芸品の屋台が並ぶマーケットは、昔ながらの伝統的な雰囲気で街一番の人気。週末ともなると身動きがとれないほどの混雑ぶりです。
 
珍しい白のグリューワインが人気

珍しい白のグリューワインが人気

広場でひときわ賑わう一角がグリューワイン(ホットワイン)の屋台。グリューワインは普通は赤ワインから作られることが多いのですが、ここのグリューワインは珍しく白のみ。ワイナリー直営ということでとても人気があります。

クリスマス市で「Winzer (ワイン醸造者)」という看板を見かけたらそこのグリューワインはワイナリー直送ということ。市販品を温めたものとはまた違った美味しさがあるのでぜひお試しください。

続いて、多彩なデュッセルドルフのクリスマスマーケットが登場します。
 

ハインリヒ・ハイネ広場の「天使のクリスマス」

dw5

屋台の上で天使が微笑む「天使のクリスマス」はおしゃれ雑貨が多いと評判

旧市街の入口にあるハインリヒ・ハイネ広場(Heinrich-Heine-Platz)
で開かれるのは、天使が乗った屋台が並ぶユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)風の「天使のクリスマス(Engelchen-Markt)」。ここはデパート「カーシュハウス(Carschhaus)」前という立地のせいかアクセサリーやおしゃれ雑貨を売る屋台が豊富。フード屋台はお馴染みの焼きソーセージやグリューワインのほか、ペルー風じゃがいも料理など珍しいものもあります。
 

デュッセルドルフの名物ピラミッド

dw2

デュッセルドルフ版のクリスマスピラミッド。よ~く見るといろんな有名人が回っています

ハインリヒ・ハイネ広場から西へ延びるフリンガー通り(Flingerstr. )の入口に立つ大きなクリスマスピラミッドは、デュッセルドルフではちょっとした名物。クリスマスピラミッドは通常はキリスト生誕をモチーフにすることが多いのですが、このピラミッドをよくよく見ると、芸術家のヨーゼフ・ボイスほかデュッセルドルフ出身の有名人の像が回っています。ピラミッド下のグリューワイン屋台は地元では定番の待ち合わせ場所です。

歩行者天国のショッピングストリート、フリンガー通りからマルクト広場の間にも屋台がずらり。クリスマス雑貨やポーランドの食器など可愛いお土産が見つかります。
 

大人っぽい「星のクリスマス」

dw6

星空をイメージした青と白のイルミネーションが輝く「星のクリスマス」は大人っぽい雰囲気

ハインリヒ・ハイネ広場の1ブロック南のシュタットブリュックヒェン(Stadtbrückchen)の中庭で開催されるのは「星のマーケット(Sternchenmarkt)」。星空をイメージしたイルミネーションが印象的なちょっと大人っぽい雰囲気のマーケットです。広場の中央にシックなカフェバー風の屋台が立っているところがいかにもデュッセルドルフ!
 

モダンすぎる!? シャドウ広場のクリスマスマーケット

dw7

工事が終わり一気にモダンな雰囲気になったシャドウ広場では、クリスマスマーケットもモダンに変身

高級ブランドショップが並ぶケーニヒスアレーの東にあるシャドウ広場(Schadowplatz)には、2013年に高級デパートのブロイニンガーがオープン。それに合わせるかのように、前年まで開催されていた伝統的なクリスマスマーケットが一変してモダンな雰囲気になりました。真っ白に統一された屋台は少々味気ない気もしますが、ローテンブルクの有名店「ケーテ・ウォルファルト(Käthe Wohlfahrt)」ほかクリスマスグッズは健在です。

シャドウ広場の北には450平方メートルのアイススケートリンクが設置され、無料でスケートを楽しむことができます。まわりには山小屋風の屋台が並び、とろとろチーズのラクレットや直火焼きサーモンなど人気グルメもいっぱい。
 

ライン川沿いの大観覧車

dw8

上空から眺めるクリスマスマーケットの夜景にうっとり。

ライン川沿いに広がるブルク広場(Burgplatz)には大観覧車が登場。上空から眺めるクリスマスマーケットの夜景はとても幻想的です。ドイツの観覧車は日本に比べると高速で、おまけに何回転もしてくれるのでちょっと得した気分。 観覧車の乗り場付近には籠バッグやフラムクーヘン(アルザス風ピザ)など屋台が数軒立ちます。

ライン川に隣接するデュッセルドルフ旧市街はたくさんの飲食店がひしめきあうことで有名。クリスマス市で体が冷えたら、ビアホールや居酒屋でアルトビールや郷土料理を楽しむのもおすすめです。
参考記事>>>世界一長いバーカウンター!?デュッセルドルフ旧市街

 

合わせて読みたい! ドイツのクリスマスマーケット記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。