ニュルンベルクのクリスマスマーケットは世界的に有名

ニュルンベルクのクリスマスマーケット【2019年】

世界一有名なニュルンベルクのクリスマスマーケット。中世の雰囲気たっぷり。

 
冬のドイツの楽しみといえばアドベント(待降節:クリスマス前の4週間)の時期に開催されるクリスマスマーケット(クリスマス市)。ドイツでは大都市から小さな町まで2500以上ものクリスマスマーケットが立つといわれています。

とくに観光客に人気なのがドレスデン(世界最古)、シュトゥットガルト(世界最大)、ニュルンベルク(世界一有名)のドイツ三大クリスマスマーケット。なかでもニュルンベルクのクリスマスマーケットは毎年200万人が訪れるという一大イベントで、ドイツ観光局が実施したアンケート「外国人観光客が選ぶドイツの観光名所トップ100」にもランクインするほどの人気です。
 
engel

ニュルンベルクのクリスマス市のシンボル、クリストキント。かわいい天使に会えたらラッキー!

クリスマスマーケットはドイツ語でヴァイナハツマルクト(Weihnachtsmarkt)といいますが、ニュルンベルクでは「クリストキントレスマルクト(Christkindlesmarkt)」と呼ばれ、クリストキント (幼子キリスト)の開幕宣言でマーケットがスタート。2年に一度、16歳~19歳の女の子の中から選ばれるクリストキントはこのマーケットのシンボル的存在でみんなの人気者です。

ここでは、中央広場に立つメインのマーケットのほか趣向を凝らした様々なマーケット、美味しい屋台グルメ、お土産にしたいクリスマスグッズまで、ニュルンベルクのクリストキントレスマルクトの見どころを一挙ご紹介。記事後半では名物ソーセージやビール、レープクーヘンのおすすめ店やレストランも登場します!

<DATA>
Nürnberger Christkindlesmarkt2019
開催期間:2019年11月29日~12月24日
開催時間:月~日10:00~21:00 12月24日10:00~14:00
開催場所:Hauptmarkt(メイン会場)ほか
アクセス:ニュルンベルク中央駅から徒歩15分
 

中央広場に立つ、中世さながらのクリスマスマーケット

wn1

クリスマスグッズなどを売る180もの屋台が整然と並ぶ中央広場

城壁に囲まれた旧市街のあちこちに中世の面影が色濃く残るニュルンベルクでは、まさに中世さながらのクリスマスの雰囲気を堪能できます。クリスマスマーケットのメイン会場となるのは町の中央にある広場ハウプトマルクト(Hauptmarkt)。14世紀に建てられたフラウエン教会をバックに180もの屋台がぎっしりと並ぶ光景は圧巻です。

広場の一角にそびえる黄金の塔は「美しの泉(Schöner Brunnen)」と呼ばれる噴水塔。柵の間に継ぎ目のない不思議な金の輪があって、左に3回まわしながら願い事をすると叶うという言い伝えで有名です。 願い事を他の人に話してしまうと効果がないそうなので秘密にしておいてくださいね。
願い事が叶うといわれる「美しの泉」

願い事が叶うといわれる「美しの泉」

美しの泉のそばにはクリスマス専用の馬車乗り場があります。ノスタルジックな乗合郵便馬車(Postkutsche)から眺めるクリスマスマーケットは旅の良い思い出になりそう。馬車の乗車券は近くに立つ郵便局の屋台で販売(20分3.50ユーロ)。ここではクリスマス特製のスタンプを押してもらえるので、大切な人にクリスマスカードを送ってみてはいかがでしょうか。

現在は「おもちゃ箱」とも「宝石箱」とも称される美しいニュルンベルクですが、第二次世界大戦時に町は徹底的に破壊され壊滅状態に陥りました。戦後は瓦礫の山の中で小屋が立ち始め、クリスマスマーケットが復活したのだそうです。クリスマスマーケットは復興の象徴、市民の希望の象徴でもあったのですね……そう思うと今のこの光景がとても貴重なことに感じられ、みんなの笑顔もさらに輝いてみえます。

続いては、他の広場で開かれるクリスマスマーケットやクリスマスグッズをご紹介。屋台グルメやおすすめレストランも登場します!
 

子どものクリスマスや姉妹都市のマーケットも

wn5

世界の屋台が集まる「姉妹都市のクリスマスマーケット(Markt der Partnerstaedte)」の入口

メイン会場の隣にある市庁舎広場(Rathausplatz)では「姉妹都市のクリスマスマーケット(Markt der Partnerstädte)」を開催。ニュルンベルクと姉妹都市協定を結ぶ20都市以上のスタンドで各地の特産品や名物料理を楽しむことができます。ヨーロッパはもちろん、キューバやニカラグアのスタンドもあるのがユニーク。

ハンス・ザックス広場(Hans-Sachs-Platz)で開かれる「子どもクリスマス(Kinderweihnacht)」は子ども連れに特におすすめ。ミニ観覧車やメリーゴーラウンド、テディベアや雪だるまで飾り付けられた屋台が並ぶ広場はまるでおとぎの世界のよう。お菓子作りやキャンドル作りなどの体験イベントも用意されています。子どもだけでなく大人も一緒になって楽しめそうですね。
 

ニュルンベルクのクリスマスで食べたい名物グルメ

wn10

フルーツがぎっしり入った「フルヒテブロート」は食べごたえたっぷり。日持ちするのでお土産にもぴったり

ニュルンベルクのクリスマスマーケットでは名物グルメの食べ歩きも楽しみのひとつです。こけももを使った珍しいグリューワイン(ホットワイン)「ヒムベアヴァイン(Himbeerwein)」や世界最大の鍋で作られるフォイヤーツァンゲンボウレ(フランベしたラム入りホットワイン)、名物のニュルンベルクソーセージ(Nürnberger Rostbratwurst)はぜひとも味わいたいもの。ドライフルーツやナッツがぎっしりつまった「フルヒテブロート(Früchtebrot)」やニュルンベルク名物の「レープクーヘン(Lebkuchen)」(蜂蜜とスパイス入りのクッキー)は日持ちがするのでお土産にもぴったりです。
有名店シュミットの箱入りレープクーヘン

有名店シュミットの箱入りレープクーヘン

中央広場の入口付近にはレープクーヘンの有名店「レープクーヘン・シュミット(Lebkuchen Schmidt)」の本店が。最高級の称号「エリーゼンレープクーヘン」の缶入りがおすすめです。

このほかにもニュルンベルクにはぜひ訪れたいおいしいお店がいっぱい。ここではガイドのおすすめ店を紹介します。クリスマスマーケット散策の合間にぜひ食べ歩きを楽しんでくださいね。
 

ニュルンベルクソーセージのレストラン

ニュルンベルクソーセージ

ニュルンベルク名物のニュルンベルガ―ほか焼きソーセージ盛り合わせ。地ビールと一緒にどうぞ

ニュルンベルクの焼きソーセージ「ニュルンベルガー」が看板メニューの有名店「レスライン」。店内は4つの部屋に分かれていて席数が600席もあり、「世界一大きな焼きソーセージのレストラン」といわれています。ここのソーセージは原産地名称保護制度で認められた正真正銘のニュルンベルガ―。伝統的にぶなの木材を使って焼いたジューシーなソーセージがいただけます。
 
ニュルンベルクソーセージ2

同店では熟練のマイスターがつくる正統派のニュルンベルガーソーセージが食べられる

同店でソーセージ造りを見学した際にできたてを生でいただいたことがあるのですが、新鮮であまりのおいしさに驚きました。マジョラムやナツメグなどスパイスとハーブの香りと肉の旨みがつまったニュルンベルガ―は、多種多様なソーセージがあるドイツのなかでも人気の高いソーセージ。1人前6本からが基本ですが、サイズが小さいので女性でもぺろりと完食できること間違いなし。メニューにはソーセージのほか伝統的なドイツ料理が揃っています。

<DATA>
Bratwurst-Röslein
住所:Rathausplatz 6 90403 Nürnberg(Googleマップ
TEL: 0911- 214 86-0
営業時間:10:30~23:30
アクセス:U1 Lorenzkirche駅から徒歩5分

こちらもおすすめ>>>旨みと香りたっぷり!ニュルンベルクソーセージの名店
 

珍しい赤ビールが飲める醸造所兼レストラン

ニュルンベルクのビール

へレス、赤ビール、黒ビールが楽しめる飲み比べセットがおすすめ

ビールの名産地バイエルン地方には様々な種類の地ビールがありますが、ここニュルンベルクでも他では飲めない個性的なビールがつくられています。旧市街にある「ハウスブラウエライ・アルトシュタットホフ」は、世にも珍しい「赤ビール」が飲めるビール醸造所兼レストラン。赤麦芽でつくられたビールは深みのある琥珀色とマイルドなホップの香りが特徴で、まろやかな口当たりなので食事にもぴったり。いろんなビールを飲んでみたい人は3種類のビール(赤ビール、黒ビール、へレス)が楽しめる飲み比べセットをお試しあれ。
 
ドイツのウィスキー

ドイツ初のオーガニックウィスキーにしてベスト・ウィスキー大賞を受賞した銘酒

ビールで有名な同店ですが、じつは知る人ぞ知る「ドイツ初のオーガニック・ウィスキー」のメーカーでもあります。なかでも2015年にベスト・ウィスキー賞を受賞した「AYRER’S PX」はあっという間に売り切れて入手困難な逸品。ドイツではここ数年、クラフトビールにはじまりクラフトウィスキーやクラフトジンも流行中ですばらしい銘酒が続々と生まれています。ビール以外のドイツのお酒もいろいろ試してみてくださいね。

<DATA>
Hausbrauerei Altstadthof
住所:Bergstrs. 19-21 90403 Nürnberg(Googleマップ
TEL:0911-2449 859
営業時間:日~木11:00~24:00 金土~翌1:00
アクセス:U3 Friedrich-Ebert-Platz駅から徒歩9分
 

ソーセージやレープクーヘンが作れる料理教室

ニュルンベルクの料理教室

観光客でも気軽に参加できるクッキングコース。ニュルンベルク名物を自宅で再現しよう!

ニュルンベルクで食べたおいしいソーセージやレープクーヘン。自宅でもつくることができたらいいなあ……そんな夢を叶えてくれるクッキングスクールがここ「cookionista.」です。モダンなキッチンを備えたおしゃれな空間での郷土料理教室は、きっと素敵な旅の思い出になるはず。旅行者でも気軽に参加できるので観光の合間にぜひ体験してみてください。各種料理コースのほか、食べ歩きガイドツアーや食に関するイベントなども開催されています。
手作りレープクーヘン

手作りのレープクーヘンは格別なおいしさ。ナッツたっぷりの豪華版

ガイド一行はニュルンベルクの伝統菓子、レープクーヘン作りに挑戦。同スクールならではの特別レシピを使って、アーモンドにヘーゼルナッツ、くるみなどのナッツ類と、レモンピールとオレンジピールがたっぷり入ったリッチなレープクーヘンができあがりました。とっても楽しくておいしくて料金15ユーロというすばらしいコストパフォーマンス! 教室は基本的にドイツ語で進行されますが、グループで予約すれば英語も可能。みんなでわいわい言いながら作るアットホームな雰囲気なので、ドイツ語ができなくても楽しめると思います。

<DATA>
cookionista.
住所:Bucher Straße 9b im Hinterhof 90419 Nürnberg (Googleマップ
TEL:0911-322 32400
※要予約。スケジュールはホームページで確認してください
アクセス:U3 Friedrich-Ebert-Platz駅から徒歩4分

 

ニュルンベルクのクリスマスマーケットで買うお土産

wn8

ニュルンベルク名物、幸運を呼ぶプラム人形がずらり! 手作りの素朴さが魅力

ニュルンベルクのクリスマスマーケットならではのお土産といえば、「ツヴェッチゲメンレ(Zwetschgemännle)」と呼ばれるプラム人形。顔がくるみ、体がプラムやいちじくからなる小さな手作り人形です。表情も服装も様々ですが、ドイツで幸運を呼ぶといわれている煙突掃除人の人形がとくに人気だそう。プラム人形の屋台はマーケットのメイン会場となるハウプト広場の「美しの泉」周辺に集まっています。
温かみある木のおもちゃ

温かみある木のおもちゃ

クリスマスツリーやお部屋を飾るクリスマスグッズも素敵なものがたくさんありすぎて目移りしてしまいます。マーケットのシンボル、金色の天使をモチーフにしたオーナメントはニュルンベルクならではのものなのでいい記念になりそうですね。

ニュルンベルクは「おもちゃの町」としても有名。木工品からブリキ製まで様々なおもちゃの屋台が充実しているのも特徴です。
 

ニュルンベルク観光のおすすめ

カイザーブルク

ニュルンベルクのシンボル、カイザーブルク。向かいにはデューラーの家が建つ。

中央広場から歩いて10分の古城「カイザーブルク」も見逃せません。展望台から城壁に囲まれたニュルンベルクの街を一望しましょう。一部はユースホステルになっていて格安で泊まることもできます。

ニュルンベルクは画家デューラーの家やおもちゃ博物館、ゲルマン国立博物館、聖ローレンツ教会など見どころがいっぱい。クリスマスマーケットと一緒に観光もたっぷり楽しんでください!
 

合わせて読みたい! ドイツのクリスマスマーケット情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。