鎌倉駅 ~バスに乗って出発

鎌倉宮の紅葉

一幅の絵のような鎌倉宮の紅葉

紅葉の季節、良いお天気に恵まれたら……さあ出発準備。ぬかるんだ泥の道もあるので、滑りにくく汚れても良いウオーキングシューズがおすすめです。飲みものや食べもの、レジャーシートなども持っていきたいところ。


鎌倉宮 ~鮮やかにグラデーションを描く紅葉

鎌倉駅からバスに乗り、大塔宮(おおとうのみや)バス停で下車します。特に紅葉が美しい時期は12月上旬で、鎌倉宮(大塔宮)の社務所前の紅葉はとても見事。ぜひ拝見しましょう。
鎌倉宮(大塔宮)

鎌倉宮(大塔宮)

鎌倉宮は、鎌倉幕府打倒の中心的役割を果たした大塔宮護良親王を祀る神社で、明治天皇により創建されました。正面には大きな獅子頭が目に入りますが、これは、護良親王が兜(かぶと)の中に忍ばせて、厄除け・魔除けのお守りとされていた、という由緒によるものです。

拝観料をお納めして拝観路を進むと、護良親王が足利尊氏の策略により幽閉されたと伝わる土牢があります。
護良親王が幽閉されたという土牢

護良親王が幽閉されたという土牢

クスノキの生える森を進み、親王の一代記などが展示された宝物館を拝見。木の門をくぐると、社務所前に、モミジの木々が。
鎌倉宮社務所前の紅葉

美しくグラデーションを描く鎌倉宮社務所前の紅葉

赤から黄へ、燃え立つようなグラデーションを描く紅葉。そんな見事な景色に、出会えたらすてきですね!

<DATA>
■鎌倉宮
住所:鎌倉市二階堂154
アクセス: 大塔宮バス停そば
ホームページ:http://www.kamakuraguu.jp/