覚園寺~荘厳な寺院を彩る見事な紅葉

紅葉の覚園寺

覚園寺境内の紅葉も、壮麗です

覚園寺(かくおんじ)は、鎌倉幕府第2代執権の北条義時が建てた大倉薬師堂の跡に、再び元寇が起こらないよう、第9代執権・北条貞時が心慧上人を開山として建てたお寺です。天然記念物のマキの大樹や、室町時代の禅宗様式が残る薬師堂(県重文)、鎌倉屈指の巨像であるご本尊の薬師如来像(国重文)……お寺の方のご案内で、荘厳な寺院を彩る見事な紅葉を拝見するのは、素晴らしい体験となるはずです。

<DATA>
■覚園寺
住所:鎌倉市二階堂421
アクセス: 大塔宮バス停から徒歩約10分
拝観時間:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00(正午は土・日・祝日のみ有り)
雨天、荒天、8/1~31、12/20~1/7は拝観休止(8/10は黒地蔵縁日開催)
TEL:0467-22-1195

最後に道を東へと進み、大塔宮バス停に戻りましょう。鎌倉の自然と紅葉に包まれて、ちょっとひなびた秋色ハイク。残照の道やヒヨドリの声……すてきな秋の思い出が、心に刻まれることでしょう。
獅子舞~天園~覚園寺を歩くコース地図

獅子舞~天園~覚園寺を歩くコース地図


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。