子どもと鎌倉に行くときのコツ

子どもと鎌倉へ! 楽しみだけれど、子どもも楽しめるかな?と不安もありますよね。今回は、鎌倉のメジャースポットを、できるだけ快適にめぐるプランをご紹介します。

子連れ鎌倉歩きのポイントはこちら!
  • 疲れてしまったら楽しめないので、時間に余裕を持ち欲張りすぎないスケジュールに
  • ベビーカーの方は、階段などもあるので、抱っこひももぜひ持参して
  • 飽きたり疲れてしまったときのために、おもちゃやおやつも忘れずに
  • 特に社寺では、騒ぎすぎないなどマナーを守りましょう
  • 鎌倉は道が狭いところが多く、渋滞や駐車場探しで苦労することも。電車やバスなどを利用するのがベター
  • 特に4月・ゴールデンウィーク・6月・11月・お正月は江ノ電も混雑。混雑期を外したり、すいている穴場スポットに行ったりと、プランニングの工夫を

長谷の大仏さまに会いに行こう

まずは午前中、混んでいないうちに江ノ電に乗って長谷駅から出発。長谷の大仏さまのいらっしゃるお寺、高徳院を目指しましょう。高徳院までの道はそれほど広くないため、ベビーカーの方は、人通りの多い時間になると、ちょっと大変かもしれません。拝観料を払って、高徳院の境内へ。大きな、露座の大仏さま。鎌倉の仏像で、唯一国宝に指定されています。
大仏像とサクラ

大きな大仏さまは、子どもの思い出にも残るはず(写真は2016年の改修前のもの)


境内は広々として、子どもものびのび過ごすことができます。20円を払うと、大仏さまの胎内を拝観できます。「大仏さまの中に入れる!」なんて、ちょっとワクワクな体験。中は薄暗く、空洞になっています。壁には格子状の筋が見えます。これは、大きな銅の像を、30回以上にも分けて鋳造した継ぎ目なのだそう。

大仏像胎内の様子

大仏さまの胎内。鋳造のときできた継ぎ目の筋が見える


境内の休憩所に掛けられた大きな「わらぞうり」は、「大仏さま、座ってばかりいないで、散歩に出かけてください」と、茨城県の「松栄(まつざか)子供会」が奉納しているもの。片足90×180センチの、びっくりするようなサイズです。

大きなわらぞうり

大きなわらぞうり。「大仏さまが履いて歩いたらどんな風だろうね?」


大仏像は、2016年3月初めまで、修復が行われました。お化粧直しをしたきれいなお姿で、これからもお参りする人々を優しく見守ってくださることでしょう。大きな大きな大仏さまの姿は、子どもたちの心にも、印象的に刻まれるに違いありません。

<DATA>
■高徳院
住所:鎌倉市長谷4-2-28
TEL:0467-22-0703
アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩約7分
授乳室:無し おむつ替えシート:有り(境内トイレ)
駐車場情報・要拝観料:下記ホームページ参照
公式ホームページ