英会話は、一人でできる!

英会話を一人で、というと不思議に感じるかもしれません。でも、実際には、次の3つの要素を守ることで、一人で英会話の練習が可能です。

今回は、「ビジネスのあいさつ編」です。

1.頭で覚えない、口で覚える

さらに、音読の仕方で大切なコツをお教えしましょう。それは、頭で覚えようとしない、ということです。頭で覚えなければどこで覚えるのか?と思われるかもしれませんが、実は「口」で覚えることができます。何度も音読してそのうち考えなくても、「口」が勝手にその英文を音にするようになるまで、繰り返し音読をするのです。

2.音読+イメージが大切

次に、音読をする際に重要なもう一つの要素、「イメージ力」についてお話しします。 ここで大切なのは、その表現が使われている実際の場面を頭の中でイメージ、想像しながら、音読するということなのです。

3.イメージでも感情が必要

例えば、"Hi! Nice to meet you!"というビジネスで初めて挨拶をする表現を暗記する際に、頭の中で、初めて訪問する外資系の会社のオフィスを思い浮かべます。そして部屋に入ったとたんに、足が沈むような絨毯を踏みしめながら、"Hi”とにこやかに立ちあがって近づいてくる背の高い外国の担当者の姿を思い浮かべるのです。どうでしょうか?ドキドキしますよね!このドキドキ感を、頭の中のシーンと合わせて味わいながら、先ほどの"Hi! Nice to meet you!"というセリフを言うのです。

では、さっそく、次の「ビジネスのあいさつ表現」を練習してみましょう!

ビジネスのあいさつ表現

英語でのあいさつを覚える際には、必ず、実際に「英語であいさつをしている場面」をイメージします。繰り返し、感情を添えて、口慣らしをして覚えましょう。
また、あいさつの表現は、そのあとの別れる時の表現も一緒に覚えておくと心理的に楽になります。会話をどうクローズするか準備しておくことで、話しかけるときの気持ちが楽になります!

初対面のあいさつ

Hi, Nice to meet you!
(こんにちは!はじめまして!)
My name is Kazuhiro Takemura, and I’m from ABC Inc,.
(竹村 和浩といいます。ABC社から来ました。)
I’m in charge of Sales.
(営業の責任者をしています。)
I heard a lot about you.
(お噂はかねがねお伺いしています。)
I hope it’s not a bad one.
(悪い噂でなければいいのですが。)
I’ve heard a lot of GOOD things about you!
(いい噂をうかがっていますよ!)

--------------------------------------------------------------------------------------------

別れる時のあいさつ

Nice meeting you! / Nice talking with you!
(お会いできて、よかったです!/ お話しできてよかったです!)
Hope to see you soon!
(またお会いしましょう!)
Good-bye!
(さようなら。)

いかがですか?
一見、簡単な表現のように見えますが、いざという時に、実際の場面で口をついて出てくるかがポイントです。

先の3つのポイントを押さえつつ、繰り返し「口に覚えさせて」自分の言葉にしていきましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。