秋になっても油断大敵!
夏ダメージ肌は3大老化現象のトリガーに!?

夏ダメージのケア

夏のダメージのケアでキメ細かい肌に!

夏が終わり、陽射しもやわらぎ、とても過ごしやすい季節になりました。お肌にとっても、気温や湿度、紫外線などの強いストレスがなくなり、とても良好な時期と言えます。

ですが、この時期、サロンのお客様から、よくこんな症状をよく聞きます。

 
「水着の日焼け跡がぜんぜん消えない。」
「あれ、こんな所にシミなんてあったかしら?」
「肌がすごく乾燥する!」

夏の間、強い紫外線を浴びてダメージを受けたお肌。思いっきりレジャースポットで遊んだ方はもちろん、毎日の通勤通学でも、知らず知らずのうちに痛めつけられていたお肌。ケアを怠っていると...”シミ・シワ・たるみ"と言った3大老化現象のトリガーとなることがあるのです!

今のところ、シミになっていない方も、油断は禁物です。ダメージを受けた肌は、メラニンの排出が鈍り、紫外線から肌を守る防御反応が衰えます。ですので、秋の紫外線でも、3大老化現象を促進してしまうことになります。それほど、この時期のケアはとても重要なのです。

今回は、今からでも遅くない「夏のダメージ肌を徹底的にリペアする方法」をご紹介します。

とことん”保湿”が、ダメージ肌ケアのポイント!

保湿

シミ対策のためにも保湿は大変重要なスキンケアです。

ダメージを受けたお肌は、本来のバリア機能が衰えた状態です。お肌の一番表面の角層は、約0.02mm。この薄い層だけで、水分の蒸発を防ぎ、外気からのダメージから肌を守っています。

たっぷりと保湿をして、潤った角層は、キメが細かく見た目が美しいだけでなく、健全な新陳代謝も行われ、シミなどのできにくい肌となります。

 
次のページは、モチモチ肌をつくる毎日の入浴法をご紹介します。