そもそも、視点が大きく違う

トップメッセージはなぜ伝わりにくいのか?
そもそもその役割からみて、一般社員と経営者では物事をみる視点が異なるのは当然です。どちらがいい、悪い、ということではありません。経営者が会社全体、業界全体、長期的な視座で考えざるをえない一方で、一般社員は目の前の世界、いま関わっているプロジェクトに考えをフォーカスさせがちです。
そのため、 トップメッセージを聞いたときの大方の反応は、「言っていることは分かる。で、私たちは何をしたらいいの?」、という総論賛成、各論イメージ湧かない、そのようなものではないでしょうか?あるいは、そもそも何を言っているのかすら、分からない、という反応かもしれません。
トップが語っている場面

社員はトップの考え方を知りたがっている


「個別最適」で日々過ごしている社員に対して、「全体最適」という視点で伝えたとしても、それは役割として理解不能なのはいたしかたないかもしれません。
では、どうしたら良いのか? 「コミュニケーションは相手により成立する」。これがコミュニケーションの大原則です。だとしたら、相手である社員目線でどこまで伝えられるかがポイントとなるのです。

最も伝わるのは、1対1の会話

まず考えて欲しいのは、最も伝わるコミュニケーションの形態です。当たり前のことですが、1対1のフェイストゥーフェイスの会話です。その場合は、理解しているかどうか、相手の反応を見ながらメッセージを伝えることができます。相手が理解できていないとみれば、相手が理解できる目線に合わせていくでしょう。つまり、この1対1のフェイストゥーフェイスの会話にどれだけ近づけることができるかが重要なのです。

企業におけるトップメッセージの伝え方としては、大きく分けて二つあります。
社内コミュニケーションメディアで伝えるケース。例えば、社内報でのトップメッセージ企画。Web社内報での社長ブログ。年頭挨拶の画像を映像社内報で掲載する。このように社内コミュニケーションメディアの1企画としてメッセージを掲載するケースがあります。

もう一つは、経営トップが直接メッセージを伝えようとするリアルな場でのコミュニケーション。例えば、キックオフミーティングや経営会議などの社内の公式イベント。タウンホールミーティングや車座といった、社長と社員が直接コミュニケーションする場。もう少しくだけた食事会やオフサイトミーティング的な集まりの場。そのようなリアルな場でのメッセージの発信があります。

社内コミュニケーションメディアにしろ、リアルな場にしろ、先に記した1対1のフェイストゥーフェイスの会話にいかに近づけていくかがポイントです。