知らない人に協力しますか?

社内コミュニケーションがスムーズにいかないとお悩みの方も多いと思います。
そこで質問です。みなさんは、知らない人からの依頼に快く協力されますか?
社内報を例に見ていきましょう。

例えば、見ず知らずの人から原稿依頼をされて、快く協力する方は少ないのではないでしょうか。しぶしぶ原稿を送るか、催促されるまでアクションを起こさないのではないでしょうか。逆に良く知った社内報担当者から依頼されたらどうでしょう?
悩んでいる社内報担当者

社内報担当者の悩み、原稿、ニュースが集まらない



社内報担当者の悩みとして、原稿が集まらない、ニュースが集まらない、取材に協力してくれないというものがあります。社員が協力してくれないと、社員にその要因があるかのように思っている方が多いようです。しかし、よくよく聞いてみると、自らが知られるという努力を全くしていないのが実情です。

逆の立場で考えた場合、つまり依頼される社員の立場で考えてみたらどうですか? そのような質問をすると多くの方が気づきます。「この忙しいのに原稿なんか依頼して。一体こいつは誰なんだ?」そのような反応をされてもしかたないと気づきます。

コミュニケーションは顔を売ることでスムーズに

優秀な社内報担当者の中には社長の次に顔が広いという人もいます。その方が社内を歩くと、ニュースを知らせに社員が寄ってくるそうです。イベントがあると必ず声が掛かるともいいます(カメラマンとしての腕を見込んで、ということも多いようですが)。

数年前、社内報コンクールのゴールド企画賞を総なめした優秀な社内報担当者の事例です。この方は地方拠点の取材に行くときは、必ずその拠点の全社朝礼があるときに行くそうです。朝礼で挨拶する場を作ってもらい、今回どの部署にどのような目的で取材に来たのか説明するのです。そうすることにより、後日その拠点の社員に何かを依頼すると、既に社内報担当者として知られているので依頼事項がスムーズに運ぶといいます。

ある企業では、インタビュー記事には必ず取材している社内報担当者の顔が映った写真を掲載するそうです。誰が社内報を作っているかをアピールするためです。編集後記に顔写真を掲載している企業もあります。このように、いかに社員に知られるかを地道な活動で実践している企業が存在します。結果、社内報担当者と社員とのコミュニケーションがスムーズに運び、素晴らしい社内報が発行されています。