紙皿で作るクモ型のお菓子バッグ

お菓子バッグ

紙皿で作ったクモのお菓子バッグ

もうすぐ子ども達が楽しみにしているハロウィンがやってきます。ハロウィンはアメリカのお祭りですが、この日だけは大人に向かって「Trick or Treat! (お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!)」と言えばお菓子がもらえる事を日本の子ども達もよく知っています。ハロウィンパーティーに参加するなら、先ずはお菓子を入れるためのバッグを作りましょう! クモ型のお菓子バッグなら紙皿とモールで簡単に作る事ができますよ。黒い紙皿を使うと一番クモらしく見えますが、黒い紙皿が手に入らなければ白い紙皿や絵柄の入った紙皿で作っても構いません! 個性が出てとてもユニークなバッグになりますよ。さあ、クモのお菓子バッグを肩に掛けて、ハロウィンパーティーに出発しましょう!

紙皿を使ったお菓子バッグの作り方

材料:紙皿、又はプラスチック製の皿、モール、工作用の動く目玉、肩から掛ける紐、テープ、ホッチキス

半分に切る

紙皿を半分に切ります。

1.紙皿を半分に切ります。 黒い紙皿がなければ、白や絵柄の入った紙皿を使ってください。

*写真の黒い皿はリーズナブルな雑貨ストアasokoの商品です。

 
モール

モールを8本用意します。

2.足を作ります。クモの足は8本なので、太めのモコモコしたモールを8本用意してください。

 
モール貼る

紙皿にモールえ貼ります。

3.半分に切った紙皿の一つにテープでモールを貼っていきます。 モールを貼る面は絵柄のない面(内側)です。

 
留めます

紙皿をホッチキスで留めます。

4.モールを貼っていないもう一つの紙皿を上から重ね、紙皿同士をホッチキスで留めます。ホッチキスの針の上を紙皿と同色の油性ペンで塗っておくと、針が目立たずキレイに仕上がります。

 
目玉

目玉を貼ります。

5.紙皿に工作用の動く目玉を貼ります。クモの目は通常8個あるので、4~8個貼りましょう。

 
穴

パンチで 穴を開けます。

6.紙皿の両端4カ所に紐を通す穴を開けます。

 
紐通す

紐を通して、飾り付けをします。

7.穴に肩から掛けられる長さの紐を通します。

モールの足にかぼちゃやお化けのイラストを持たせるとよりハロウィンっぽくなりますよ。

 
ピンク無地

ピンクの無地の紙皿

*無地の紙皿で作る場合は、紙皿にシールなどを貼って、可愛らしくデコレーションしてみましょう。

 
星柄

星柄の紙皿

*絵柄の入った紙皿で作るとクモと言うよりモンスターのように見えますが、それもまたユニークでお洒落ですよ。






ハロウィン関連記事

Trick or Treat! ハロウィンパーティーを楽しもう!
ハロウィンは伝統的なゲームで盛り上がろう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。