Wi-Fiスポットに潜む危険性

海外のWiFiスポット

海外のWi-Fiスポット

ほとんどのユーザは、Wi-Fiスポットを利用した経験があるだろう。Wi-Fiスポットに入ると、「Free ~」や「Public ~」といったネットワーク名が表示される。ここで、そのネットワーク名を選択すればWi-Fiでの通信が可能になる。

このとき、通信しているデータは暗号化はされていない。暗号化の表示欄に「None」と表示されたり、鍵のかかってないアイコンが表示されているだろう。

IDとパスワードを発行してもらいお店限定で利用できるサービスでも、暗号化はされていない場合が殆どだ。たとえば、スターバックス公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「at_STARBUCKS_Wi2」では、最初に使用するログインIDとパスワードは暗号化されるが、ログイン後の通信は暗号化されていない

さて、有料のW-iFiスポットの場合はどうだろうか。

有料のWi-Fiスポットでも危ないことがある

ログインしてもデータは暗号化されない

ログインしてもデータは暗号化されない

有料のWi-Fi接続サービスは、暗号化されている場合もあるが、暗号化されていない場合もある。前者の場合は、無料のWiFiスポットと同じだが、後者の場合でも危ないことがある。

それは、暗号化されていても脆弱なWepで暗号化されている場合だ。Wepは、専用のツールを使うと比較的容易に暗号を解読されてしまう。

一方、現在のところセキュリティを確保できると言われているWPAやAESを暗号化に利用している場合もあるが、複数のユーザが同じ暗号化キーを利用するので、やはり安全とは言い難い。

このようなWi-Fiスポットを利用した場合、通信データが漏洩してしまう恐れがある。もっとも、ある利用者の通信データが他人にそのまま表示されてしまう訳ではないが、無線LANのデータをツールを利用して解析することは可能だ。

しかし、身近にWiFiスポットは多いので、有効に活用したいものだ。それでは、Wi-Fiスポットを安全に利用するにはどうしたらよいのだろうか。