美しすぎるビュッフェ!鶴雅ビュッフェダイニング札幌

鶴雅ビュッフェダイニング札幌

「鶴雅グループ」が手掛けるビュッフェレストランがいよいよ札幌にオープン!

北海道内に11の旅館やホテルを営業する「鶴雅グループ」が展開する和食中心のビュッフェ「鶴雅ビュッフェダイニング」。北海道各地の旬の味覚が味わえる本格派ビュッフェです。その数、常時およそ80種類!
鶴雅ビュッフェダイニング札幌

対面式のキッチンではシェフが作りたてのお料理を出してくれる

お料理は、揚げたて、焼きたて、炊きたて、握りたて、おろしたてが美味しいという「作りたて」へのこだわりから、天ぷらや鉄板焼きなどは、ライブ感溢れるオープンキッチンで調理。ご飯は、近ごろ美味しいと評判の北海道米を使用していて、白米2種類と炊き込みご飯がありますが、なんとお米もその日の朝に「精米したて」を羽釜で炊飯しているとか。このこだわりっぷりに脱帽です。

鶴雅ビュッフェダイニング札幌

お寿司のネタも豊富!

さらに、お寿司も寿司職人が目の前で握ってくれます。お寿司やお刺身、カルパッチョに使用する魚介類は、出来る限り作り置きしない方針。なんでも、「シルクアイス」という海水や塩水で作った粒が細かな氷を使うことで鮮度を保ち、最も美味しい状態で提供しているそうです。



鶴雅ビュッフェダイニング札幌

美しすぎるディスプレイは、まるでアート作品

また、こちらのお料理は、味や鮮度だけでなく見た目も素晴らしい。食材の彩りやディスプレイの仕方は、アート作品を思わせる美しさ。取り皿にさりげなく施されているアイヌ文様にも感動。舌だけでなく目でもお料理を味わえる、そんな食の楽しみまでも体感できるビュッフェです。


鶴雅ビュッフェダイニング札幌

どの個室も木の温もりや北海道らしさが感じられる空間

総面積230坪というゆとりある広さの店内には193の席があり、赤れんが庁舎に面した席では、広い窓から札幌らしい景色を眺めながら食事ができます。さらに、大小9つある個室はそれぞれ内装が異なるのですが、いずれも北海道の文化や自然をコンセプトにした設えで、ゆったりくつろげる空間。北海道各地の美味しいものを北海道らしい空間で味わえる「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」、おすすめですよ。

いかがでしたか?北海道の観光スポット「道庁赤れんが庁舎」見学の際には、隣に誕生した新たなスポット「赤れんがテラス」にも是非。北海道が誇る美味しものも堪能してくださいね。

<DATA>
鶴雅ビュッフェダイニング札幌
住所:北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地
札幌三井JPビルディング「赤れんがテラス」2階
電話:011-200-0166011-200-0166
営業時間:ランチ11:00~15:00 ディナー17:00~22:00
料金:ランチ 大人2400円 4歳~小学生1200円(税込)
ディナー 大人4200円 4歳~小学生2100円(税込) 
いずれも3歳以下は無料
ホームページ:www.tsuruga-buffet.com/

赤れんがテラス
住所:北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地
電話:011-211-6200011-211-6200
ホームページ:mi-mo.jp/pc/institution.php
アクセス:JR「札幌」駅 徒歩5分
地下鉄南北線「さっぽろ」駅 徒歩2分
地下鉄東西線・南北線「大通」駅 徒歩5分
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。