ハーフ&ハーフでも高クオリティのいくら丼とラーメン

 

 

札幌にはラーメン横丁が二つありますが、今回オススメしたいのは、新ラーメン横丁にある「味一番つばさ」。観光客が目立つ立地にありながら、地元客にも愛される実力店です。そして、おそらくここでしか見られないオリジナルのラーメンどんぶりに心躍ります。

すすきの交番の脇から入る通称・新ラーメン横丁には現在5つの店が入っています。今回オススメの味一番つばさは、一番奥に位置します。これだけ選択肢があると、どの店に入っていいか普通は迷いますよね…。一応、奥までのぞいてみて、少し手前に戻って2、3軒目に入ってみるパターンが多そうですが、ここでは迷わず一番奥へ。

こちらの一番人気は、看板メニューである「究極の味噌ラーメン」。三日間煮込んだスープと特注麺、トロトロチャーシューが三位一体となったみそラーメン…というのがうたい文句で、実際、味噌なら横丁一という声もあるほど。ぜひ試してみたい一品です。

しかし私が注目したのが、なんと、半分ラーメン、半分いくら丼という「つばさラーメン」。他では見たことのない、ハーフ&ハーフのどんぶりに仲良く並んで盛り付けられて提供されます。ラーメンスープの味はもちろん選択できるのも嬉しいポイントです。

たいがい、こういうハーフセットのいくら丼というのは、申し訳程度のイクラがちんまりと乗っかっていることが多いものです。が、ここのは贅沢なほどたっぷりと…。もちろんラーメン側もハーフだからと言って味が変わるわけがなく、クオリティの高さはそのままに味わえます。

旅行に出ると、食べたいものが多すぎて、食事の回数が足りない…というのが多くの食いしん坊の悩みかと思われます。そんな方に、札幌名物を一度に二つ味わえるこのラーメン、心からオススメしたいです。飲んだ後のシメにラーメン、が札幌っ子のスタイルですが、こちらはいくら丼がプラスされますから、そのあたりは胃袋を自己調整したうえでぜひお楽しみください。

■味一番つばさ
住所:札幌市中央区南四条西3丁目1-1 第3グリーンビルB1 新ラーメン横丁
電話番号:011-521-5963
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:不定休
アクセス 地下鉄南北線すすきの駅3番出口すぐ 徒歩1分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。