ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は2014年8月6日、1日使い捨てコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト」新製品発表会を開催しました。

発表会に登壇したイメージキャラクターの山本美月さん。輝く瞳と明るい笑顔が任命されたポイント

発表会に登壇した山本美月さん。イメージキャラクターに任命されたポイントは、輝く瞳と明るい笑顔


同コンタクトレンズは、黒目を大きく見せる1日使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーアキュビューディファイン」の後継品として、理想のファッションを叶えながらも、保湿成分による目の健康も考えられた商品です。

コンタクトレンズ、気になる目の健康

従来のサークルレンズの問題点として、「ずれやすい」(28.7%)、「乾きやすい」(27.4%)がユーザーの離脱理由になっていたようだ。(2014年 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 調べ)

従来のサークルレンズの離脱理由は、「ずれやすい」(28.7%)、「乾きやすい」(27.4%)が上位になっていたようだ(n=498)(2014年 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 調べ)

既存製品同様、「色素が直接瞳に触れない」「瞳に必要な酸素がしっかり通る」「瞳への紫外線をカットする」といった健康への配慮はそのままに、新しい特徴として挙げられるのが、レンズに取り込まれた「保湿成分」。同社独自の技術である「ラクリオン・テクノロジー」が水の分子を引き寄せ、レンズのみずみずしさを保ち、クッション性やなめらかさを生むようです。

コンタクトレンズの大敵である、乾燥からくる目の痛みや、レンズのはりつき感が減るのであれば、クーラーの乾いた風が気になる季節には嬉しい機能でしょう。


流行のファッションに合わせやすい、3種のカラー

前モデルと同じく、知的な印象の「アクセント スタイル」、自然な美しさを引き立てる「ナチュラル シャイン」、華やかでガーリーな印象の「ヴィヴィッド スタイル」の三種のカラーが用意されています。ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんは「今冬に流行りそうなボルドー、カーキに合わせ、知的で落ち着いた印象の アクセントスタイル なども良いのではないでしょうか」と秋・冬ファッションの流行にも触れ、時代のファッションに合わせた3つのカラーの使い分けを薦めていました。

女性の輝きについて語る 山本美月さん(左)と新見千晶さん(右)。

女性の輝きについて語る 山本美月さん(左)と新見千晶さん(右)。


今回の発表会では「瞳の輝き大使」として、山本美月さんがイメージキャラクターに任命され、“光り輝くティアラ”と“光り輝く任命状”を受け取っていました。「ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト」の3つのカラーを上手に使い分け、彼女のように瞳輝く美しい女性になれるよう、自分を磨いていきたいですね。

■「ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト」公式サイト

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項