梅雨も明け、暑さ本番を迎えていますが、皆様、猫ちゃん共々夏バテしてませんか?

イエネコはアフリカのリビア一帯に生息するリビアヤマネコを先祖としており、長く人間と一緒に暮らすようになっても野生を色濃く残す動物なので、比較的暑さには強いとされています。

しかし、猫によって毛の質や生え方が違い、タイなど特に暑い地域に適応して生きてきたシャム猫のようなシングルコート(短いオーバーコート、またはアンダーコート1層だけが身体にぴたっと密着するように生えている)の猫もいれば、スカンジナビアなどの厳しい寒さに適応し、ダブルコート(上側のオーバーコートと、内側のアンダーコート/オーンヘアー)や、もっと地肌に近いところに柔らかいダウンヘアが密集して生えているトリプルコートを持つ猫もいます。

何となく短毛種はシングルコートと思いがちですが、アメリカンショートヘアーやアビシニアン、ロシアンブルーなどや、mix猫でもダブルコートの猫がたくさんいます。また長毛種でも、アンダーコートがなくシルクのような毛がとても美しいターキッシュアンゴラなどはシングルコートに属します。

ペルシャ猫やメインクーンやノルウェイジャンフォレストキャットなどの長毛猫はもちろんダブルコートですし、サイベリアンはトリプルコート。もしあなたの同居猫が、このようなダブルコートの猫であれば、1日1回は櫛で身体の毛をすいて、地肌が空気に触れるように、また軽く地肌をマッサージしてあげるとより健康的に過ごせます。
メインクーンはダブルコート

メインクーンはダブルコート



猫にシャンプーは必要か?

初めて猫と暮らすという方からよく質問されるのは、猫に犬のようにシャンプーが必要かということ。犬は種類によってかなり体臭が強かったり、また散歩に行けば身体が汚れるので、定期的にシャンプーする必要があります。

しかし、猫は基本的にセルフグルーミングといって自分で自分の身体を舐めてキレイにすることができるので、犬ほど頻繁にシャンプーの必要はありません。セルフグルーミングは猫の健康状態を表すバロメーターでもあるので、もし猫がセルフグルーミングをしなくなって、薄汚れて見えたらどこか悪いところがないか、動物病院で診察を受けて下さい。
セルフグルーミングで顔を洗います

セルフグルーミングで顔を洗います


このように、基本的に猫にシャンプーは必要ありませんが、このダブル、トリプルコートの猫というのは、寒さと雨などから身体を冷やさぬように、濡れないように守るための毛なので、非常に脂肪分が強く、セルフグルーミングだけだとベタベタしたり、もつれて毛玉になったりします。

猫の身体を触って、ベタベタする感触を感じたら、また、毎日コーミングしていても毛がもつれると感じたら、シャンプー時かもしれません。また短毛種で、あまり汚れていない猫でも、換毛期のむだ毛を一気に落とすためには、シャンプーが効果的です。

シャンプー前の準備

いつも以上に念入りにクシを使って全身の毛をきれいに梳かし、毛玉などがあれば事前にもつれをほぐしておきましょう。また爪を切り、耳掃除も済ませておきます。
最初と最後はきれいにコーミング

最初と最後はきれいにコーミング



猫のシャンプーのやり方

猫の全身が浸かる大きめのタライや衣装ケースにお湯(この時期でしたら39度ぐらい)をはり、猫の身体をゆっくりお湯に浸します。お湯の中で、毛をほぐし、地肌にお湯が浸透するようにマッサージし、シャンプーをよく泡立てて、地肌からマッサージするように洗い上げ、お湯が透き通るまで何度も取り替えながら丁寧にすすぎあげます。
よくお湯を浸透させて下さい

よくお湯を浸透させて下さい



シャンプーはきれいにすすぎましょう

シャンプーはきれいにすすぎましょう


この時期であれば、乾いたタオルを何度も取り替えながらタオルドライし、エアコンはかけないで、風が通る部屋に放しておけば、ドライヤーなしでも大丈夫です。毛が完全に乾いた頃に、再度コーミングして残っている無駄毛を落として下さい。長毛種は仕上げのコーミングの際にドライヤーでブローすると毛にツヤがでてより美しく仕上げられます。しかし、ドライヤーのモーター音や風が苦手な猫さんがいるので、猫の横でいきなりドライヤーのスイッチを入れず、離れた場所から徐々に近づける方が良いでしょう。
タオルドライはしっかり!

タオルドライはしっかり!


シャンプーやドライヤーは猫には大きなストレスです。できるだけ手早く済ませて、あとは猫とのんびりお昼寝でも楽しんで下さい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。