マーブル柄は難しそうに見えて、実は初心者向け!

爪の上でネイルカラーを混ぜ合わせて作るマーブルネイルは、他に特別な道具が必要ないのでセルフネイル初心者さんにおすすめ。しかも、ちょっと失敗してもその柄がニュアンスとして活きてくるから、思い切りネイルアートを楽しめます。

ピンクと白の2色のマニキュアを使い、水玉模様を描いてからマーブル状になぞっていく簡単な方法をご紹介します。

ピンクがメインカラーのマーブルの作り方を紹介します

ピンクがメインカラーのマーブルの作り方を紹介します


1番のコツは、とにかくスピーディに作業すること! ベースのネイルが完全に乾く前に、他の2色をのせて混ぜなくてはいけません。使うネイルはフタを開けて、事前に準備しておきましょう。

またベースのネイルカラーはパールやラメが入っているタイプをチョイスすると、ムラが目立ちません。マーブルで使うネイルカラーは、濃い色やマットなタイプがおすすめです。

マーブルネイルのやり方・作り方

ベースのネイルカラーを塗る

ベースのネイルカラーを塗る


1.まずコットンスティックにリムーバーをつけて、爪の表面や裏側をふき取ります。仕上がりに差がつくベースコートも塗っておきましょう。爪全体に、ベースのネイルカラーを1度塗りします。10本終わったら、1本ずつ2度塗り→マーブルを作っていきます。
模様となる1色目のネイルカラーをのせる

模様となる1色目のネイルカラーをのせる


2.ベースのネイルカラーを2度塗りをしたら、乾かないうちに模様となるホワイトのネイルカラーをのせましょう。水玉状に、バランス良く爪にのせていきます。

2色目のネイルカラーをのせる

2色目のネイルカラーをのせる


3.2でのせたホワイトのネイルカラーに少し重なるように、ふたつめのピンクのネイルカラーを同様にのせます。目立たせたい色を先に塗って、少し分量を多めにするとバランスが取りやすく、イメージ通りに仕上がります。

ネイルカラーを混ぜ合わせる

ネイルカラーを混ぜ合わせる


4.2番目にのせたピンクのネイルカラーのハケの角を使って、スピーディに混ぜ合わせていきます。もちろん細い筆でもOKです。爪の表面をさっとなぞるようにして、色が混ざるようS字に動かしましょう。

ピンクがメインカラーのマーブル

ピンクがメインカラーのマーブル

5.仕上げにトップコートを重ねて完成。先にホワイトを多めに塗ったので、ホワイト味が強いマーブルネイルになりました。ピンクが入っているので、ほんのり甘く大人女子にピッタリの仕上がりです。

マーブルネイルバリエーション

応用次第で、デザインは自由自在!

応用次第で、デザインは自由自在!


(左)繊細マーブルフレンチ
パールベージュのベースに、ホワイトでフレンチを描きます。フレンチ部分のホワイトのベースカラーに、パープル・グリーン・ベージュの3色でマーブル模様をオン。それぞれのせる分量を少なめにしているので、繊細な柄に仕上がっています。

(右)愛らしいハートマーブル
パステルピンクのベースに、ピンク・パープル・ブルーのネイルカラーを水玉状にのせます。細筆で真ん中を一定方向からスッと引くだけでキュートなハートマーブルの完成です。のせる分量を変えると、ハートの大きさも自由に楽しめます。

関連記事一覧


ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校・新宿校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。