増え続ける「おひとりさま」、心配はリタイア後

「おひとりさま」と呼ばれる人が増え続けているようです。一生、結婚しない男性が20%にも達しているというデータがあります。男女とも20代、30代の未婚率も上昇しており、今後ますますおひとりさまが増えることは間違いなさそうです。

一人で悠々自適なシングルライフを楽しんでいるイメージがあるものの、心配なのがリタイア後の生活ではないでしょうか? おひとりさまは、夫婦世帯と比べ生活費は少なくて済むものの、ファミリー世帯に比べ割高になりがちです。その一方、リタイア後の収入の柱である年金は1人分となってしまいます。

「自分一人の年金で、自分を養い続けられるのか?」

おひとりさまは、配偶者はもちろんのこと、子どももいないわけです。家計にかかるお金はもちろんのこと、介護等についても家族に頼ることが難しくなります。お金を払って介護サービスを買うことにもなるため、リタイア後の自分の年金がどれだけ受け取れるのか? これをしっかり理解しておきたいですね。

男性に比べ、女性の年金額は6割しかない!?

気をつけたいのが、女性のおひとりさまです。女性は男性よりも平均寿命が長いのは、皆さんもご存じでしょう。平均寿命が長いということは、リタイア後の期間が長くなります。リタイア後の期間が長いということは、「生活費がかかる期間が長い」ということを意味します。

一般的に、女性の年金収入は男性より少ない傾向にあります。厚生労働省のデータで老齢厚生年金受給者の平均受給額をみてみると、男性が17万円ほどであるのに対し、女性は10万円強でしかありません。男性の6割ぐらいですね。男性に比べて厚生年金の加入期間が短く、給料額も低いことが原因だと思われます。

同じデータでさらに詳しくみてみると、受給額が1万~10万円までの割合が半数を超えています(男性は12%ほど)。国民年金(老齢基礎年金)のみの平均受給額は5万円程度です。つまり、女性の過半数が月10万円未満ということになるわけです。

とはいえ、女性は厚生年金の加入期間にかなりばらつきがあります。長い間正社員として働くというおひとりさまの場合は、平均よりも多く受け取ることが可能でしょう。

年金を少しでも増やすための対策とは?>>