最後に、今回の選手権の会場となったガーデニング公園についてご紹介します。

フラワー&ガーデン森の風

ここは以前、「けんじワールド」というファミリー向けのウォーターアミューズメントパークでした。施設は2013年に閉鎖され、その跡地に作られたのが日本最大級のガーデニング公園「フラワー&ガーデン森の風」です。
エントランスガーデンより

エントランスガーデンより

本ガーデンを手がけたのは、チェルシーフラワーショーにおいて金賞受賞歴をもつ石原和幸氏。庭は大きく分けて「森の丘(コミュニティガーデン)」と「森の渓谷(メインガーデン)」とに分かれ、今回の全日本フラワー&ガーデン選手権の会場となった森の渓谷は、エントランス、メイン、チェルシー、トピアリーの4つのガーデンで構成されています。
メインガーデンより

メインガーデンより

実際の植栽が始まってからまだ日も浅く、特に宿根草のスペースなどは余白の埋まる日が待たれるところですが、より良く生育していってくれるよう今後に期待したいです。
チェルシーガーデンより

チェルシーガーデンより

選手権に出展されたガーデンの公開期間は8月10日までですが、「フラワー&ガーデン森の風」はその後も(2014年の営業は11月9日まで・冬季休業)楽しむことができます。岩手の温泉とともに観光の一つとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

営業時間など詳細は、フラワー&ガーデン森の風ホームページでご確認下さい。
http://fg-morinokaze.jp/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。