ニキビに見えて、実はニキビではない皮膚病がある!

治りにくい場合は、ニキビではないことも

治りにくい場合は、ニキビではないことも

これまでニキビについての基礎的なことを5回に渡りお話ししてきました。医学的には「ざ瘡」という病名がついていますが一般的には「ニキビ」と呼ばれ、ごくありふれた肌トラブルです。

ニキビで皮膚科を受診する人の数はCMなどによる啓蒙活動のおかげもあってか年々増えています。実際にクリニックを受診する多くの方が問診票で主訴を書く欄に「ニキビを治したい」とお書きになります。そのことからも出来ている発疹がニキビだと自覚していることが分かります。

そのほとんどは診察により確かに「ざ瘡」と診断されるのですが、時には違う診断をする場合があります。今回はそんな「ニキビに見えて、実はニキビではない皮膚病」についてお話ししたいと思います。

ニキビってどんな物?

まずその前にニキビについておさらいしましょう。ニキビは毛穴にできる病気で、皮膚科学では「尋常性ざ瘡」、「膿疱性ざ瘡」、「集簇性ざ瘡」などと細かく分類されます。
原因はいずれも、1.皮脂分泌の亢進、2.毛穴の入口のつまり、3.毛穴の常在菌の増加、の3つが関与しています。

ニキビの原因菌とは?

ニキビの代表的な症状には、炎症のない「白ニキビ」、炎症があり赤みや痛みのある「赤ニキビ」、炎症が強く膿を持った「黄色ニキビ」の3タイプがあります。

このうち、「赤ニキビ」と「黄色ニキビ」は、毛穴の常在菌であるアクネ菌(Propionibacterium acnes、P.acnes)という細菌の増殖により毛穴が炎症を起こした状態です。この状態を毛包炎といいます。

ニキビは顔や胸元、背中に発症しやすく、特徴的な発疹が現れるので、私たち皮膚科医が診断するまでもなく、多くの人がそれを見ればニキビだと判断できるのです。

しかし稀に、ニキビとは異なる病気が紛れています。時にはそれがニキビと診断され、間違った治療をされているケースもあります。
次ページでは「ニキビに見えて、実はニキビではない皮膚病」について、紹介していきます。