‘日焼け止めを塗るだけ’では肌は守れない

夏はニキビの悪化を防ぎながらUVケアしましょう

ニキビケアとUVケアの両立って?

ここ数年、陽射しの強さは年々増してきていますね。ニキビができやすい肌の方は、塗るUVケアですべての紫外線をブロックしようとすると、どうしても肌に負担がかかってしまい、肌トラブルの原因となることが多く、ニキビケアとUVケアの両立が難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

ニキビができやすい方は、「塗る・飲む・かざすUVケア(日傘や帽子など)」で、肌に届く紫外線をカットしていきましょう。また、塗るUVケアも、朝は、崩れにくい乳液タイプのものとパウダータイプのものを重ねて、リタッチの際にもパウダータイプのUVケアを重ねるなど、朝から夕方まで継続して肌を紫外線から守るための手間も惜しまずに。


UVケアが欠かせないのは何故?

なんとなく「夏になるとニキビが悪化しやすい」と感じている方も多いかと思いますので、紫外線とニキビの関係について簡単におさらいです。まず、紫外線を肌に浴びると、肌の角質が厚くなることがわかっています。角質が厚くなれば、毛穴がつまりやすくなり、ターンオーバーも乱れやすくなります。ターンオーバーによって自然と剥がれるはずの古い角質も滞り、ますます毛穴も詰まりやすくなります。

また、炎症をおこしているニキビが紫外線を浴びることによって、色素沈着がおこり、ニキビ跡が残りやすくなるとも言われています。また、ニキビケア以外にも「肌老化を引き起こすのが紫外線である」ということも言われていますので、「アンチエイジング」という面でもUVケアは必須なのですね。

次のページでは、ニキビができやすい方のためのUVケアの方法をご紹介します。