ニキビは「思春期のもので、その年齢が過ぎれば綺麗に治る」と思っていると、ニキビ痕が残り後悔してしまうことも。ニキビが治った後に残るニキビ痕にはいくつか種類があります。今回は、ニキビ痕の種類のご説明とその特徴、ニキビ痕を残さずニキビを治すための対処法をご紹介します。

ニキビにも種類があることは、以前の記事でご紹介いたしましたが、一言で「ニキビ痕」と言ってもタイプがあることをご存知ですか。

ニキビ痕は4タイプに分けられます

1.赤み
ニキビ痕

赤み

炎症が起きたニキビ(赤ニキビ)は、炎症が治まった後で赤みを残すことがあります。これは、皮膚の毛細血管(細い血管)が拡張している状態で、炎症が起きた後に起こる現象のひとつです。

 
2.色素沈着
ニキビ痕

色素沈着

1.の赤みが治まると、通常この現象が起こります。いわゆる茶色いシミのことで、「炎症後の色素沈着」と言います。皮膚の表層にある表皮に、メラニンが増えることによります。この症状は、多くの黄色人種の肌に起こります。

 
3.クレーター(陥凹性瘢痕)
ニキビ痕

クレーター(陥凹性瘢痕)

繰り返し炎症が強く起こった場合には、皮膚の真皮にまでダメージが及びます。特に真皮のコラーゲン線維が破壊され、表面がくぼんだ状態になります。

 
4.しこり(肥厚性瘢痕、硬結(こうけつ))
ニキビ痕

しこり(肥厚性瘢痕、硬結(こうけつ))

クレーター同様、繰り返し炎症が強く起こった場合に生じることがあります。赤い場合と、白い場合があり、いずれも固く、盛り上がっています。

 
「クレーター」や「しこり」が生じるかどうかに関しては、次の様な要因が影響します。
・炎症のあるニキビの出来た範囲
・炎症の強さ
・炎症が起こった持続時間、繰り返した回数
・二次的感染の有無

さらにご説明したいのは、ニキビ痕が生じやすい範囲について。

タイプによって、出来やすい部位があるので、その部位にニキビのある方は、ニキビ痕が残らないよう注意していただければと思います。

ニキビが出来た範囲により、生じるニキビ痕のタイプが異なります

4タイプあるニキビ痕のうち「赤み」と「色素沈着」は、どこにも起こる可能性があります。一方、「クレーター」と「しこり」には、生じやすい範囲があります。

「クレーター」
ニキビ痕

クレーターの生じやすい範囲

コメカミから頬全体にかけてが、クレーターの生じやすい範囲です。鼻に炎症の強いニキビが出来た場合にもクレーターが出来ることがありますが、その場合にはアイスピックで刺した様な小さなくぼみとなるため、「毛穴の開き」と表現されることが多いです。

 
「しこり」
ニキビ痕

「しこり」の生じやすい範囲

主に、片方の耳からもう一方の耳の前までのフェイスライン(いわゆるUゾーン)、そして正面からは見えにくいあごの下に生じやすい傾向があります。

 
続いて、ニキビ痕になってしまった場合の対処法を、現在行われている主な治療法を中心にお話しします。