発音こそビジネスでは重要

alt="発音と教養"

発音と教養

「発音なんてどうだっていい!」というセリフをよく聞かないでしょうか? 「発音なんかにこだわっているからいつまでたっても英語が話せない。」「発音より重要なのは中身、堂々と話せればそれでいい。」などなど。

しかし、実際には、国際的なビジネスの場面では、英語の発音は、その人の「教養レベル・教育レベル」を示すバロメーターであるといわれています。

発音(アクセント)で値踏みをする欧米のエリート

もちろん、今では、非ネイティブの方が英語の使用人口は多くなっています。とりわけこれからは、アジアの時代と言われており、いわゆるInternational Englishesの時代。特に外国人同士では、「訛りも個性」の一部として扱われています。
しかし、欧米のエリート層との付き合いでは、この「発音」(アクセント)がいまだに重要な役割を果たしているというのが実情です。

初対面、英語で二言三言あいさつを交わしている間、エリートたちは、立居振舞など少ない情報から、相手の値踏みをすることでしょう。これは私たちも無意識にやっていることです。その際に、一つのバロメーターになるのが、「発音」です。

印象に深く関わる発音

イェール大学大学院教授、ウィリアム・ヴァンス氏の著作「日本人が知らない、ワンランク上のビジネス英語術-イェール大学30講‐」の中に、この点が明確に書かれてあります。英語のネイティブスピーカーが相手の教育レベルを推し量る目安となるのが、英語の2つの音、子音のtとdだといいます。

私たちはよく、西海岸の英語がかっこいい、と感じがちですが、特にt とdを脱落させ、はしょって「アイ・ウォンナ…」と発音をしますが、ヴァンス教授の視点からいえば、これは、uneducatedという印象を与えてしまう、ということなのです。

アメリカ人も実はイギリス英語がお好き、ということのようです。

これは、イギリスではもっと当たり前のことで、あの「マイフェア・レディ」という映画をご覧になれば、発音と階級差がいかに連動しているかを実感することができます。では、日本人として、この発音をどうすればよいのでしょうか?