ゆっくりじわじわ、でも確実に浸透する!

使用から一時間後

塗ってから一時間ほどたった状況です。向かって左側(右足)がこの製品をごく薄く塗った方で右側(左足)が塗らなかった方です。前者は薄いベールが掛かった感じになっているのがお分かりいただけるかと思います。

で、この「M.モゥブレィ・プレステージ クラシックシアバター」、スムースレザーのドレスシューズで早速試してみました。まずは上の写真、塗ってから一時間ほどたった状況をご覧下さい。向かって左側(右足)が塗った方ですが、透明な薄い油膜が張られたような感じになっているのがお分かりいただけるかと思います。これは革に入り切らなかった成分が浮き上がっている状態で、布で軽く乾拭きして徐々に革に浸透させてあげると……

塗ってから3日後に改めて撮ったのが下の写真です。塗っていない右側(左足)とほぼ同等の光沢が回復しているのがお解かりいただけるでしょう。また、変なシミも一切発生していません。通常の乳化性靴クリームに比べると、蝋分が入っていない分ピカっと鮮やかな艶にこそなりませんが、逆にどっしりとした光り方、何というのか、蝋分で「光らせる」のではなく油分と水分とで「潤わせる」仕上がりになるので、落ち着いた光沢がお好きな方には活用のし甲斐はあると思います。使用後はもちろん撥水性も向上しています。

極々少量で綺麗に伸び体温で程よく溶けてしまい、また「バター」と称してもベト付きはそれほど残らず比較的サッパリした使い心地は、これまでの革製品の「油」ではあまり記憶にない使用感です。動物系油脂、例えばミンクオイル系に比べると脂っぽい照りにはなり過ぎないのも、シアバターが植物系の油脂であることの何よりもの証拠。なので最初の塗布はブラシや布よりも手の指で直接行っても大丈夫、というかむしろその方がお勧めです。

スムースレザーのアッパーを持つ通常の靴だけでなく、オイルドレザーの靴や鞄など、通常のお手入れ用として以上に、暫く使っていなかったりお手入れから遠ざかっていた革製品を回復させたい時、まず用いる商品としては重宝すること間違いなしでしょう。
使用から三日後

塗ってから3日後に改めて撮った状況です。これを塗った方は緩めの乾拭きを何度かしましたが、塗らなかった方と光沢に大差が無くなってきました。塗った方=向かって左側(右足)が成分をしっかり吸収した証拠です。


【商品情報】
M.Mowbrlay Prestigio Classic Shea Butter
色:無色(ニュートラル)
税込み価格:3240円
お問い合わせ先:R&D
TEL:03-3847-2255




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。