ブラジルからアルゼンチンへの入国は意外に簡単

アルゼンチン航空など数社がブラジルとアルゼンチンを結んでいる。undefined写真提供:山賀進(www.s-yamaga.jp)

アルゼンチン航空など数社がブラジルとアルゼンチンを結んでいる。 写真提供:山賀進(www.s-yamaga.jp)

いよいよ始まるFIFAワールドカップ2014。この機会にブラジルへ行く旅行者も増えているようです。そして、せっかくだから、ブラジルだけでなく隣国アルゼンチンへ足を伸ばしてみたいという方も多いはず。

ここでは、メジャーな2つの移動パターンを紹介しておきます。ブエノスアイレスイグアスの滝というアルゼンチンの二大観光地へは、ブラジルからも意外に気軽にアクセスできるのです。時間に余裕があれば、ぜひ訪れていただきたいと思います。

ブラジルからブエノスアイレスへ

ブエノスアイレスのエセイサ国際空港は、南米有数の大空港。

ブエノスアイレスのエセイサ国際空港は、南米有数の大空港。

南米大陸は広大なので、やはり飛行機移動が早くて便利。ブラジル最大の空港といえば、サンパウロのグアルーリョス国際空港。ここからはアルゼンチンのブエノスアイレスのエセイサ国際空港へ一日10~15本程度直行便が飛んでいます。航空会社は、やはり南米を拠点にしているところが多数。TAM航空、ラン航空、ゴル航空という3社がメインですが、アルゼンチン航空、トルコ航空、カタール航空も一部運行しています。所要時間はおよそ3時間なので、1泊2日コースくらいであれば気軽に行くことが可能です。

他には、便数はかなり少なくなりますが、リオ・デ・ジャネイロのアントニオ・カルロス・ジョビン空港からブエノスアイレスまでも一日に数本飛んでいます。こちらの所要時間はおよそ3時間半。リオ滞在の場合はもちろん直行の方がいいのですが、時間が合わない場合はサンパウロまで飛んで乗り継ぐ方が便利な場合もあります。

ブラジルとアルゼンチンにまたがるイグアスの滝

アルゼンチンとブラジル両方から体感したいイグアスの滝undefined?Rainbow/a.collectionRF/amanaimages

アルゼンチンとブラジル両方から体感したいイグアスの滝。

ブラジルからアルゼンチンへ入国するパターンで、もっともポピュラーなのはイグアス経由。まずは、ブラジル側の国境であるフォス・ド・イグアスへ向かいます。直行便はサンパウロからフォス・ド・イグアスへは一日5~6本、リオ・デ・ジャネイロからフォス・ド・イグアスへは一日3~4本程度。所要時間はおよそ2時間です。ここから国境のイミグレーションまでバスが何本も出ていますし、アルゼンチン側の入国審査も簡単なので気軽に国境越えが可能です。アルゼンチン側はプエルト・イグアスという町になります。いずれも、観光客も多いので、ホテルやレストランに困ることはないでしょう。

イグアス国立公園は、ブラジル側とアルゼンチン側でそれぞれ管理が違うだけでなく見どころも変わってきます。そのため、2日間かけてブラジルとアルゼンチンそれぞれを楽しむのがベスト。その後はブラジル側に戻ってもいいし、アルゼンチンへ抜けていっても楽しい旅が待っていることでしょう。

ブラジルビザは忘れずに!

ブラジルからアルゼンチンに入り、また数日してブラジルに戻ってくる場合に注意しておくことがあります。それは、ブラジル滞在用のビザ。有効期限が決まっているのでその期間内であれば戻ってこられますが、必ずチェックしておきましょう。また、ビザの種類によっては再度申請が必要な場合もありますので事前確認を忘れずに。加えて、ブラジル再入国の際に、ブラジルを出国する航空券の提示を求められることもあり、もし所持していない場合は強制送還される可能性も大。このあたりの準備はしっかりとしておきましょう。なお、アルゼンチン入国にはビザは必要ありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。