丸い紙皿がバスケットに大変身!

紙皿バスケット

紙皿で作る簡単バスケット

誕生会やキッズパーティーなど子どもが集まって食事をする時は、手頃に買える上、割れる心配がない紙皿はとても重宝しますね。しかし丸くて平な紙皿はお菓子を盛り付けるとお菓子がバラバラっと広がって、あまりパーティーらしく見えません。お菓子は少し高さのある器に入れる方が美味しそうに見えます。そこで丸い紙皿を少しアレンジして、取っ手の付いたバスケット型の器に変身させてみましょう。取っ手がある分、高さが出てテーブルが華やかに見えるのです! パーティーが終わればバスケットの中にお菓子を入れ、誕生会に来てくれたお友達へお礼として渡しても喜ばれますよ。


紙皿バスケットの作り方

材料:紙皿、カラー段ボール(又は画用紙)、両面シール、飾り用のシール

紙皿

紙皿

1.紙皿を用意します。

 
三つ折り

三つ折りにします。

2.まず紙皿を上下3つ折りにします。

 
両端

両端を折ります。

3.一度紙皿を広げ、今度は両端(約1/5)を内側に折り曲げます。

 
切り込み

切り込みを入れます。

4.紙皿を広げ、折り目に沿って横向きに4ヶ所切り込みを入れます。(向きに注意してください。)

 
組み立て

組み立てます。

5.折り目に沿って紙皿を折り上げ、箱型にします。重ね方に注意してください。

 
両面テープ

両面テープを貼ります。

6.紙皿の重なっている部分に両面テープを付け、紙同士を貼り合わせます。

 
カラー段ボール

カラー段ボールを貼ります。

7.紙皿の内側に細く切ったカラー段ボールを貼り、取っ手にします。

 
完成

完成

8.完成です。好みで側面や取っ手に飾りを付けてください。

 


 

イースター

イースターバスケット

*アレンジ例*
目や耳を付けてウサギの顔にするとイースターエッグ(卵)を入れるバスケットにもなります。

 
取っ手なし

取っ手なし

*アレンジ例*
デザインによっては、取っ手をつけずにシンプルに使うのも良いでしょう。








※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。